> カードローン

カードローン

地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?

カードローンは、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンの2種類に大別することができます。

また、銀行のカードローンでも、誰でも知っている全国規模のメガバンクと地元の人に愛される地方銀行で、どちらも基本的にカードローン商品を提供しています。

メガバンクのカードローンほうが規模が大きいぶん審査は厳しそうに感じますが、実際はどうなっているのでしょうか。

この記事では、地元密着の地銀とメガバンクのカードローンについて徹底比較していきます。

女性専用のカードローンって何が違うの?

消費者金融・銀行のカードローンで、女性専用のカードローンを提供しているところが多くなってきました。

女性専用カードローンの名称は様々で、「レディースローン」や「女性用ローン」などありますが、いずれも女性のみ対象にしたカードローンになります。

利用する側にとっては、女性専用のカードローンと通常のカードローンに違いはあるのだろうか、と疑問を抱いているのではないでしょうか。

また、女性専用のカードローンが通常のカードローンよりもお得に利用できるのであれば、女性は女性専用のローンを利用するほうが得策といえるでしょう。

この記事では、女性専用のカードローンの情報について徹底解説していきます。

消費者金融や銀行カードローン 2社目の審査通過は難しい?

「カードローンの利用限度額が限界に近づいてきたけれど、現在利用している消費者金融では限度額の増額を断られた...」

「消費者金融や銀行カードローンの審査は、1社目と2社目で厳しさが違う?特に気をつけておくべきことはどんなこと?」

1社目のカードローン残高だけではなかなかきびしくなってきた...という場合、2社目の借り入れを検討する必要があります。

1社目の限度額が近づいてくると心理的にもあせりを感じてしまいますよね。

しかし、あせってたくさんのカードローン会社に借り入れの申し込みをする...なんてことをやってしまうと「審査にたくさん申し込みをしたのに、全部断られてしまった...」ということにもなってしまいかねません(これは絶対に避けたいですよね)

今回は、2社目以降のカードローンを利用するときに注意しておくべきポイントについて解説させていただきます。

カードローンの審査申込時の必要書類

カードローンの申し込みをするときには、金融機関(消費者金融や銀行)が指定する書類を提出する必要があります。

書類の提出とは言っても金融機関の窓口に書類を持っていかないといけないということではありません。

最近では書類をスマホのカメラ機能で撮影してメールに添付して提出したり、インターネットサイトからアップロードしたりといった形が主流になっていますので、必要書類の提出にかかる手間も最小限になっているんですよ。

金融機関に提出する必要書類には大きく分けて「本人確認書類」と「収入を証明する書類」の2種類があります。

ここではそれぞれどのような書類が必要なのかや、提出するときに注意しておくべき点について具体的に理解しておきましょう。

カードローン契約書類・利用明細が届く時期は?郵送物はナシにできる?

カードローンを利用したいけれど、家族に借金していることを知られたくない...。

即日でお金を借りたいときに、契約書類や借り入れ用のカードはどうやって受けとるの?

これからカードローンを利用しようと考えている方の中には、このような疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

特に、借金を家族には知られたくないという方の場合は契約書類や利用明細などの郵送物が自宅に届くようなことは絶対に避けたいですよね。

今回は、カードローンの契約書類や利用明細が届く時期や、自宅に郵送物が届かないようにするためにはどうしたらよいのかについて、具体的な事例をみながら確認しておきましょう。

水商売でもカードローンの審査は通る?

水商売はカードローンの審査に通りづらい、という噂を聞いたことがあるかもしれません。どうして水商売がカードローンの審査に通りづらいと言われ始めたのでしょうか?場合によっては、水商売の人のほうが高収入を得ているケースも珍しくありません。

また、水商売の中にもホスト・キャバクラ・バーテン・黒服など多くの形態に分類することができますので、明確に線引きすることは難しいでしょう。

この記事では、水商売の人でもカードローンの審査は通るのか、この点に着目して徹底的に情報を集約しています。

債務整理中・債務整理後でもカードローンの審査に通る?

債務整理中・債務整理後でも、突然の出費に悩む人も多いでしょう。

おそらく再び借金の道を歩むことは避けたいと考えるはずですが、絶対にまとまったお金を用意しなければいけない状況であれば、カードローンの審査を受けるしかありません。

ただ、問題は債務整理中・債務整理後の人がカードローンの審査に通るのでしょうか。

決まった金額の返済ができないために債務整理に踏み込んだわけですから、そうカンタンに審査を通してくれる貸金業者はありません。

それでも、この記事では債務整理中・債務整理後でもカードローンの審査に通る方法を徹底的に解説していきます。

カードローンの審査落ちで最も多い理由はこれ!

カードローンは最短即日でまとまったお金を借りることもできますので、利便性の面でも非常に優れています。

ただし、カードローンは審査を設けているため、銀行や消費者金融など貸金業者の審査基準をクリアする必要があります。

この記事では、カードローンの審査落ちで最も多い理由を解説し、審査に通る可能性を少しでも高くするコツを紹介します。

派遣社員や契約社員はカードローンの審査に通らない?

派遣社員・契約社員はカードローンの審査に通らないのでは、と不安を抱えている人が少なくないようです。

公務員・正社員の人であれば審査に不安はありませんが、雇用形態の質でいえば派遣社員・契約社員の人はカードローンの審査のうえで劣ることは事実です。

それでは、カードローンの審査に通らないのだろうか、という点に着目すれば決してそうではありません。

カードローンの審査では、総合的に属性を考慮して審査の可否を決めていますので、どこか一点のみが劣っていたところで問題はないのです。

また、派遣社員・契約社員よりも公務員・正社員のほうが審査に有利だからといって虚偽の申し込みはやめましょう。

銀行や消費者金融は、審査申込者の情報を細心の注意を払って調べていますし、バレれば審査に通ることは絶対にありません。

この記事では、派遣社員・契約社員の人がカードローンの審査を受ける前に知っておくべき情報を完全に網羅しています。

土日・祝日でもカードローンでお金は借りれる?

大手消費者金融のカードローンを中心に、近年は即日融資が当たり前になりました。

カードローン利用者は、突然の出費に悩んでいる人も少なくないため、即日融資は嬉しいメリットになります。

一方、パソコン・スマホのインターネットを介したカードローンのWEB契約は、利用者の指定口座に振込融資を行うことが一般的です。

銀行口座の振込融資では、普通は土日・祝日を除いた銀行営業日しか振込を実施していないため、土日・祝日にお金を借りることはできません。

したがって、大半の人は即日融資を受けるためには、平日しか無理だろうと思い込んでいるのではないでしょうか。

実は、土日・祝日でもカードローンでお金を借りることはできます。

この記事では、土日・祝日にカードローンでお金を借りたいと悩んでいる人を対象に、知っておくべき必見情報を徹底的に解説していきます。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融