> >> カードローンの審査落ちで最も多い理由はこれ!

カードローンの審査落ちで最も多い理由はこれ!

カードローンは最短即日でまとまったお金を借りることもできますので、利便性の面でも非常に優れています。

ただし、カードローンは審査を設けているため、銀行や消費者金融など貸金業者の審査基準をクリアする必要があります。

この記事では、カードローンの審査落ちで最も多い理由を解説し、審査に通る可能性を少しでも高くするコツを紹介します。

カードローンの審査申込条件に該当していない

各貸金業者のカードローンの審査申込条件に該当していない人は、審査に落ちてしまいます。

銀行や消費者金融は、各社申込条件が異なっているため、A社の申込条件に該当していてもB社の申込条件には該当していないケースがよくあります。

具体的に、以下の申込条件に気をつけるようにしましょう。

・年齢の制限
・年収の制限
・雇用形態の制限
・専業主婦の制限
・貸金業法の制限

年齢の制限

各貸金業者の定めた年齢の範囲内の方しか、カードローンの審査に申し込みできません。

満20歳以上69歳以下の条件を提示している貸金業者では、19歳の人や70歳の人が審査に申し込みしたところで、審査に落ちることが確定します。

どれだけ年収を得ていたとしても審査に通ることはありません。

年収の制限

一部の銀行系カードローンでは、年収の制限を設けているところがあります。申込条件に年収300万円以上の人とあれば、その年収以下の人は審査に落ちます。

雇用形態の制限

一部の銀行系カードローンでは、雇用形態の制限を設けているところがあります。

正社員・公務員以外は審査に申し込みできないといったケースで、自営業者・パートタイマー・アルバイト・契約社員・派遣社員・年金受給者など、正社員・公務員に比べて安定していない人が対象になりやすいです。

大手の消費者金融は、アルバイト・パートでも派遣社員でも、雇用形態に関係なくカードローンに申し込めるところがほとんどです。

専業主婦の制限

専業主婦の制限は、貸金業法が関係してきます。 貸金業法では、専業主婦の人は消費者金融を利用できないように定めています。

専業主婦とは、本人自身が収入を得ていない人で、配偶者の収入のみで生計を立てている人のことを指します。
※兼業主婦は、パートタイマーなどで収入を得ているため関係ありません。

したがって、専業主婦の人は消費者金融でお金を借りることができませんので、銀行系カードローンの審査を受けるようにしましょう。

また、一部の消費者金融では「配偶者貸付制度」を利用できます。

配偶者貸付制度では、専業主婦の人でも配偶者の同意書や収入証明書類を提出すれば、消費者金融でもお金を借りられる制度です。

ただ、配偶者貸付制度を採用している消費者金融は少ないですし、配偶者の同意書など提出書類が増えますので、あまりオススメはできません。

貸金業法の制限

現在進行形で消費者金融や信販会社でお金を借りている人は、貸金業法の総量規制の制限を受けているかもしれません。

貸金業法の総量規制では、年収の1/3以上の融資を禁じた法律です。

したがって、他社消費者金融・信販会社で年収の1/3に達する借入をしている人は、新たに消費者金融でお金を借りようとしても審査に落ちてしまいます。

これは消費者金融の申込条件というよりは、国の定めた法律制限になりますので、どこの消費者金融でも変わりません。

審査申込の提出書類に誤記がある

審査申込の提出書類では、氏名・住所・年齢・電話番号・雇用形態・勤務先・勤務先の電話番号など数多くの項目を記入しなければなりません。

一昔前までは直筆で記入していましたが、近頃はパソコン・スマートフォンを介したWEB審査の申し込みが主流になってきましたので、タイピングミスで誤入力をしてしまうケースも多いです。

カードローンの審査では、上記に書いた項目以上に記入する項目が多くあります。

勤務先の情報などは、普段あまり意識していない人も多いのではないでしょうか。

きちんと調べて記入すれば問題ありませんが、カードローンの審査を受けるときは急いでいることもあり、うろ覚えの記憶で記入してしまうかもしれません。

ほんの少しのミスであれば訂正を求められることもありますが、大きく誤っている場合は虚偽の入力をしたのではないか、と疑われかねません。

他にも、申込者本人の電話番号や勤務先の電話番号を誤って入力してしまったケースでは、貸金業者が連絡をつけようと思っても連絡がつかず、結果的に審査落ちになってしまうこともあり得ます。

以上のように、カードローンの審査を受けるときに提出する書類の記入は、よく考えて記入しなければなりませんので、本当に注意するようにしましょう。

信用情報機関にブラックの記録がある


カードローンの審査では、消費者金融・信販会社・銀行いずれの貸金業者でも、JICCやCICなど信用情報機関に個人信用情報の開示請求を行っています。

信用情報機関では、過去のカードローン利用情報などを詳細に記録しています。

記録した情報の中で、キャッシング業者はブラックの記録をよく見ています。

ブラックとは、以下のような内容を指します。

・短期間に複数のキャッシング業者の審査申込の記録
・過去のキャッシング利用歴で延滞・滞納の記録
・債務整理の記録

短期間に複数のカードローンの審査申込の記録

短期間に複数業者のカードローン審査を受けている人のことを「申し込みブラック」と呼ぶことがあります(正式名称ではありません)。

カードローンの審査申込者側にとっては、審査に落ちる可能性を考え複数社の審査を受けたくなりますが、やめた方が得策です。

貸金業者は、複数社からお金を借りるだけ借りて返済するつもりがないのではないだろうか、といった風に考えます。

申し込みブラックでは、6ヶ月経過すれば記録が削除されますので、申し込みブラックに該当していると思う人は、6ヶ月間は審査に申し込みしないようにしましょう。

過去のキャッシング利用歴で延滞・滞納の記録

信用情報機関に返済の延滞・滞納の情報が記録されていた場合、貸金業者は返済能力を有していないのではないだろうか、と疑問を持ち審査落ちの理由になります。

絶対に審査落ちするわけではありませんが、審査に落ちる可能性は高まります。

信用情報機関では、延滞滞納状態が終わってから最長5年間は記録を保持しています。

債務整理の記録

信用情報機関に債務整理の記録がされていた場合、やはり銀行や消費者金融などの貸金業者は返済能力を有していないのではないだろうか、と疑問を持ち審査落ちの理由になります。

※債務整理とは、自己破産・個人再生などです。

信用情報機関では、債務整理の情報を最長10年間は保持しています。

信用情報機関は多くの情報を取り扱っていますので、以下に記録期間を紹介しておきます。

・申込情報=最長6ヶ月
・契約・返済情報=最長5年
・延滞・強制解約情報=解消後5年
・任意整理情報=最長5年
・債務整理情報=最長10年

カードローンの審査落ちで最も多い理由はこれ!まとめ

以上に説明してきました通り、カードローンの審査に落ちる理由は様々あります。

貸金業者の審査申込条件に該当していなかったり、提出書類に記入ミスがあったり、信用情報機関がブラックだったり、カードローンの審査に落ちたくない人は、事前によく検討しておきましょう。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融