> >> 水商売でもカードローンの審査は通る?

水商売でもカードローンの審査は通る?

水商売はカードローンの審査に通りづらい、という噂を聞いたことがあるかもしれません。どうして水商売がカードローンの審査に通りづらいと言われ始めたのでしょうか?場合によっては、水商売の人のほうが高収入を得ているケースも珍しくありません。

また、水商売の中にもホスト・キャバクラ・バーテン・黒服など多くの形態に分類することができますので、明確に線引きすることは難しいでしょう。

この記事では、水商売の人でもカードローンの審査は通るのか、この点に着目して徹底的に情報を集約しています。

水商売でもカードローンの審査に通るの?

水商売の人でもカードローンの審査に通ることはできます。どちらかといえば、カードローンの審査に通らない水商売の人のほうが珍しいでしょう。

とはいえ、一部の水商売の人がカードローンの審査に落ちていることは事実ですし、金融機関によっては水商売の人を敬遠している場合もあり得ます。

水商売でもカードローンの審査に通る人は、安定した収入を得ている人です。

したがって、勤務日数が少なかったり、お店で働き始めて数日だったりする人は、カードローンの審査に落ちやすいでしょう。

また、水商売特有の体験入店のお祝い金目当てでお店を転々としている人もカードローンの審査に通ることは難しいです。

逆にいえば、水商売の人でも勤続年数が長く安定した収入を毎月得ていれば、カードローンの審査に通ることができるでしょう。

ただ、一部の貸金業者では水商売の人に審査のハードルを高くしているところもありますので、審査項目の職業欄に「アミューズメント業」「エンターテイメント業」などと記入しておけば問題ありません。

また、勤務しているお店が法人化しているお店であれば、勤務先名を店舗名ではなく法人名で記入することも信ぴょう性を高くする秘訣でしょう。

現在他社でカードローンを利用している水商売の人は注意

すでに他社のカードローンで借入・返済中の水商売の人は注意しなければなりません。

というのも、消費者金融・信販会社は貸金業法という法律に基づいて営業しており、中でも総量規制の項目では年収の1/3以上までしか融資ができないことになっています。
※信販会社はクレジットカードのキャッシング枠を指します。

したがって、すでに他社のカードローンの借入限度額が年収の1/3に達してしまった人は、消費者金融・信販会社のカードローンの審査は落ちてしまいます。

(例)年収300万円の人は合計100万円以上の借入不可

これは水商売の人以外でも平等に受ける法律制限になりますので、消費者金融・信販会社のカードローンの審査に通ることは絶対にありません。

逆に審査に通る場合は、闇金融や違法貸金業者になりますので、利用は控えてください。

また、銀行のカードローンは貸金業法の総量規制の制限を受けませんので、年収の1/3以上の融資を受けることが可能になります。

貸金業法の総量規制に抵触しているか調べたい人は、大手消費者金融の公式HPなどで「○秒診断」といった簡易審査を提供していますので、利用してみてはいかがでしょうか。

過去・現在カードローンの返済に問題があった水商売の人は注意

過去・現在までカードローンを利用している人で、返済に関して問題を起こしている人は注意しなければなりません。

カードローンの審査では、個人信用情報機関に情報開示請求をかならず行っています。

個人信用情報機関は、これまでカードローンを利用した人の信用情報を取り扱っています。

取り扱っている信用情報は幅広くありますが、銀行や消費者金融などの貸金業者が審査で注目している点は、他社借入額・貸金業者審査申込回数・返済遅延滞納・債務整理の有無などです。

他社借入額は、貸金業法の総量規制に抵触していないか調べたり、返済能力を有しているか調べたりしています。

貸金業者審査申込回数は、3か月以内に3社以上の金融機関の審査に申し込みをしていないか調べています。

短期間に複数のキャッシング業者の審査に申し込みをしている人は、「借りるだけ借りて返済しないつもりではないか」などと疑われ、審査で不利になりやすいです。

返済遅延滞納は、「返済意識の低い人」「返済能力のない人」と思われ、信用力の低い人は審査で不利になります。

債務整理は、任意整理・自己破産などで、基本的にカードローンの審査は通りません。

一般的に信用情報機関に保有している悪い情報は、ブラックリストと呼ばれています。

ブラックリストの保存期間は、申込情報は最長6ヶ月・延滞情報は延滞解消後最長5年間・債務整理は最長10年間になります。

ブラックリストに載っているあいだは、水商売の有無に関わらずカードローンの審査に通ることが非常に厳しくなりますので、その点は覚悟しておきましょう。

水商売の人は勤務先の在籍確認が審査通過のターニングポイント

消費者金融・信販会社・銀行いずれのカードローンでも、基本的に審査の段階で勤務先に在籍確認の電話連絡を行っています。

勤務先に電話連絡を行っている理由は、審査申込時に記入した勤務先が虚偽記入ではないか、という点を調査しています。

というのも、すでに仕事を辞めているのに勤めているフリをしてカードローンの審査を受ける人がいるため、対処法として勤務先に電話連絡を行っています。

もちろん本当に仕事をしていれば問題ありませんが、水商売の人はいくつか気をつけるべきポイントがあります。

たとえば、水商売の人はお店では源氏名を使っている人が一般的ではないでしょうか。

一方、カードローンの審査を受けるときは、かならず本名を記入しなければなりません。

お店で働いている従業員の人が本名を知っていれば基本的に問題はありませんが、それでもストーカー対策などで応対していないケースもあるのではないでしょうか。

そこで、申し込んだ消費者金融や銀行に源氏名で電話連絡をかけてくれるように頼むという方法があります。

すべての金融機関が源氏名での電話連絡に対応してくれるわけではありませんが、対応してくれるケースもありますので、コールセンターのオペレーターの人に確認してみてはいかがでしょうか。

また、お店の従業員の人に「クレジットカードの審査で本名の電話連絡がある」と事前に伝えておけば、カードローンの利用もバレず電話連絡をクリアすることもできるでしょう。

他にも水商売の人のお店は、営業時間は夜のみという場合も珍しくないはずです。

こちらも事前にカードローンを申し込んだ金融機関に営業時間の旨を伝えておけば、対応してくれるところが多いようです。

また、お店の営業時間は夜でも電話にでてくれる従業員の人が居れば、在籍確認は問題ありません。


見出し5 水商売でもカードローンの審査は通る?まとめ


以上に説明してきましたように、水商売の人でもカードローンの審査は通ります。

ただし、短期間しか勤務していない人など、安定した収入を得ていない水商売の人は、審査に通りづらくなります。

また、貸金業法の総量規制に抵触している人は法律上審査に通りませんし、個人信用情報機関のブラックリストの人は審査に通ることが厳しくなります。

さらに、銀行や消費者金融は勤務先に在籍確認の電話連絡を行っていますので、電話を受け取った人に勤務していることをかならず伝えてもらわなければなりません。

以上の点に気をつければ、水商売の人でもカードローンの審査に通ることは難しくないでしょう。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融