> >> 地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?

地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?

カードローンは、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンの2種類に大別することができます。

また、銀行のカードローンでも、誰でも知っている全国規模のメガバンクと地元の人に愛される地方銀行で、どちらも基本的にカードローン商品を提供しています。

メガバンクのカードローンほうが規模が大きいぶん審査は厳しそうに感じますが、実際はどうなっているのでしょうか。

この記事では、地元密着の地銀とメガバンクのカードローンについて徹底比較していきます。

カードローンの審査は保証会社が肝心!

銀行のカードローンの審査は、保証会社が保証できる人と判断すれば審査に通ります。

保証会社は、契約者が返済しなかった場合、代位弁済することになりますので、本当に保証できる人か徹底的に調べます。

一方、銀行側はたとえ契約者が返済しなくても保証会社が全額返済してくれますので、特に痛手を被ることはありません。

それで、保証会社は、地方銀行にせよメガバンクにせよ同じ保証会社を立てているところが多いです。

以下に、メガバンクのカードローンの保証会社を示しておきましょう。


銀行名・カードローン名保証会社
三菱東京UFJ銀行バンクイックアコム株式会社
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション

ここでは、一例として地銀の福岡銀行カードローンの保証会社を示しておきます。

・福岡銀行カードローンの保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス

したがって、三井住友銀行カードローンと福岡銀行カードローンの保証会社は、同一のSMBCコンシューマーファイナンスになりますので、基本的に審査難易度の差は設けていないと考えることができるでしょう。

一方、メガバンクの保証会社以外の保証会社を立てている地銀のカードローンであれば、審査難易度は変わってくるでしょう。

ただし、必ずしも審査難易度が低くなるわけではなく、場合によっては審査難易度が高くなりかねません。

また、地銀のカードローンは審査を受けられる人が、限定した地域に居住していなければ申し込みできない場合もよくあります。

逆にメガバンクであれば、全国の人を対象に審査を行っていますので、地銀に比べれば積極的に融資を行っていると考えることもできるでしょう。

地銀とメガバンクのカードローンの違いはここにある!

上記に説明してきましたとおり、保証会社が同一の地銀とメガバンクであれば、審査難易度に差は設けていません。

一方、審査難易度以外の部分では、地銀とメガバンクは異なっている点が多くあります。

即日審査・即日融資に対応していない

メガバンクのカードローンは、大規模で迅速な審査体制をしているため、最短即日審査・最短即日融資に対応しているところが多いです。

一方、地銀のカードローンはメガバンクに比べると審査体制がどうしても劣るため、審査時間に数日かかってしまうこともあります。

カードローンの利用時は、なるべく早くまとまったお金が必要といったことは珍しくなく、審査可否の結果発表が遅い地銀のカードローンでは間に合わない可能性もあるでしょう。

一部の地銀カードローンでは即日融資に対応している場合もありますが、当日中や近日中にお金が必要といった方は、メガバンクのカードローンを検討するべきです。

地銀に比べメガバンクは利便性が高い

地銀のカードローンに比べメガバンクのカードローンは利便性が高いところが多いです。

上記でも説明しましたが、地銀のカードローンの審査は、対象地域に居住していない人は申し込みすることができません。

また、利用自体も対象地域に居住している人にかぎる場合が多いため、転勤や引っ越しの多い人は、利便性の面で悪いといえるでしょう。

一方、メガバンクは全国どこでも利用できますので、転勤や引っ越しの多い人でも安心して利用し続けられます。

また、融資・返済の条件に、対象の地銀の普通預金口座を開設していなければ、利用できないといったケースも珍しくありません。

頻繁に地銀を利用している人であれば、普通預金口座を所有しているでしょうが、特に地銀を利用していない人は、キャッシング利用のためにわざわざ普通預金口座の開設を依頼する手間がかかります。

さらに、メガバンクは提携金融機関ATMが多いことも魅力に挙げることができます。

地銀のカードローンは他人にバレるリスクが高い

地銀のカードローンは、申し込みのために店頭窓口に足を運ぶ必要があるところも少なくないため、ローン専用窓口で相談している姿を他人に見られる可能性があります。

また、地銀の店舗にはカードローンを紹介している商品概要説明書やポスターを掲示していることが珍しくなく、家族や知人が目にする機会も多くなります。

また、地銀は近所の人が多く利用しますので、銀行のローン専用窓口で相談していることを他人が家族に話してバレてしまうこともあるでしょう。

他にも勤務先が地銀と取引をしていれば、なんらかの形で同僚に見られてしまう可能性もあります。

以上のように地銀のカードローンは他人にバレるリスクが非常に高いです。

一方、メガバンクのカードローンはWeb契約を利用できるところが多いため、インターネット回線に接続できるパソコンやスマホを所有していれば、審査申込から融資まで誰にも見られずに受けることができます。

また、明細書類についてもWeb上で確認するようにしておけば、明細書類のせいで家族にバレるというリスクを減らすことができます。

メガバンクよりも地銀のカードローンが優れている点は?

以上に説明してきました内容では、地銀のカードローンよりもメガバンクのカードローンのほうがメリットはあるように感じた人も多いでしょう。

でも、地銀のカードローンにもメッリットがある場合もあります。

たとえば、メガバンクのカードローンは年齢申込制限が65歳未満にかぎりますが、地銀のカードローンでは70歳まで可能のところもあります。

他にも地銀のカードローンは、年金生活者でも融資をしていることがありますので、年配の人でも利用しやすい条件を提示してくれています。

また、地銀にもよりますが、自宅にカードローンの相談のために足を運んでくれることもありますので、対面で疑問点を尋ねることができ、安心感を得ることができます。

さらに、地銀はカードローンだけでなくフリーローンを提供しています。

メガバンクでもフリーローンを提供していますが、フリーローンはまとまった大金を借りることになりますので、相談しやすい地銀のほうが安心できるでしょう。

以上のようにメガバンクよりも地銀のほうが、相談しやすかったり融通が効いたりする点がメリットといえるでしょう。


地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?まとめ


以上に解説してきた内容が、地銀のカードローンとメガバンクのカードローンの差になります。

それでは、以下にこの記事でまとめた重要なポイントを簡潔にまとめましたので、もう一度目を通してみてください。

・保証会社が同一であれば審査難易度に差はない
・審査速度や融資速度はメガバンクが早い
・利便性はメガバンクのほうがいい
・相談や融通は地銀のほうがいい

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融