> >> 指定信用情報機関とは

指定信用情報機関とは

消費者金融などでお金を借りることがある人は、指定信用情報機関についての知識を持っておくことが大切です。

指定信用情報機関がどのような働きをしていて、どんな情報を扱っているのかを知ることで、カードローンやクレジットカードの申し込みがもっとしやすくなるかも知れません。審査に大きく関係している信用情報を扱う指定信用情報機関についての基礎知識を紹介します。

指定信用情報機関とは

指定信用情報機関とは、個人による貸金業者からの借入や勤務先などの情報を管理しており、必要に応じて情報を提供する情報共有のための機関です。貸金業法の改正によって総量規制の実施のために、「内閣総理大臣による指定を受けた指定信用情報機関」に「個人に対する貸付を行う業者」は全て加入することになっています。

信用情報とは

信用情報とは、カードローンなどの借り入れ履歴や残高、返済履歴といったその人の借り入れの状況を示す情報のことを言います。これを照会することで、業者はその利用者の借入総額を知り、総量規制の範囲内で貸付を行うことができます。また、その人に貸付を行った時にリスクがないかを見て、審査に役立てます。

3つの機関が情報を共有

信用情報は、現在3つの情報機関によって管理、登録されています。そして、それぞれの貸付を行う会社は3つのうちのどれかに加入しています。クレジットカード会社はCIC、消費者金融はJICC、銀行は全国銀行個人信用情報センター(全銀協)という機関への加盟が一般的です。

各業者は自分の加盟している機関だけでなく、他の2つの情報機関に登録されている情報を知ることができます。これは、3つの指定信用情報機関が審査に必要な情報を共有しているためです。

信用情報の登録と共有はなぜ必要なのか

信用情報は、正確かつ安全に守られ、継続的に登録されることが必要となります。大切な個人情報をより確実に守っていくために、指定された機関による厳しい管理が行われています。

また、信用情報は、銀行でも消費者金融でも、クレジットカード会社でも審査の際に使われてるものです。しかし、それぞれの業者、信用情報機関の情報が全て分からないと総量規制や個人の与信以上の貸付を行ったり、信用リスクを見逃してしまうため、他の機関の情報も共有されることが必要となります。

指定信用情報機関で扱われる情報と期限

指定信用情報機関では、審査や総量規制のルールを守るために必要な情報が全て登録されています。自分が気づかないうちに登録されており、思わぬ情報まで載っていて困ることもあります。ここでは、どんな情報が登録されているかを紹介します。

また、登録情報は永遠に残るわけではなく、それぞれに決められた期間を過ぎると消されていくものです。情報の種類によってその期限は違うので、それぞれの登録期間もチェックしておきましょう。過去の利用状況に問題があった場合は審査が不安になりますが、ずっとそれが残るわけではありません。

カードローンなどの申し込み情報

申し込み情報とは、カードローンやクレカなどに申し込みを行った際に登録される情報です。ただ単に申し込んだだけで審査には落ちたとしても、記録が残ります。登録されている期間は、申し込みにより業者が信用情報機関に情報照会をした日から6ヶ月間です。

申し込んだだけだから、と安心して複数の申し込みを同時に行うと「申し込みブラック」として「お金に困ってたくさんの申し込みをしたのではないか」と見られます。そのため、複数社同時申し込みは、審査で厳しくチェックされ、審査落ちのリスクとなることもあります。

取引情報

取引情報は、借入と返済の履歴、残高、完済日などの情報です。基本的には、登録が残るのは契約期間中と完済日(契約終了日)から5年以内となっています。

その人の与信と残高の比較で、残高が多すぎれば、審査に悪影響を与えます。また、複数社に渡っての借入も厳しく見られます。しかし、スムーズな取引が続いていれば、残高が残っていても審査する業者に好印象を与えることもあります。


過去の金融事故


金融事故情報は、各業者が審査で重視するポイントです。過去の延滞、債務整理などの情報があると、審査には落ちることが多くなります。

延滞情報は、CIC、全銀協では取引情報とともに契約期間中と終了後5年間は残ります。JICCでは延滞が解消されるまで残り、解消したら延滞解消から1年以内の範囲で残ります。

また、破産や民事再生手続き開始決定などの官報情報の保有は、全銀協では決定日から10年以内となっています。JICC、CICでは債務整理や破産の情報の保有は発生日から5年以内です。

情報機関の間の情報の交流

指定信用情報機関の間では、2つの情報交流が行われており、審査や総量規制の遵守のために利用されています。FINEは貸金業法に基づく交流で、CICとJICCの間で行われるものです。また、CRINという3社間の交流ネットワークもあります。

FINEでは貸金業者同士が借入残高情報を共有して、総量規制の遵守に役立てます。また、CRINでは延滞などの情報や紛失盗難などの本人の申告情報を共有します。


自分の信用情報をチェックするには


信用情報のうち、延滞や債務整理など審査に悪影響を与える恐れのあるものは、ローンなどの申し込みをする前にチェックをして情報が消えているかどうかチェックしておきましょう。信用情報は、インターネットや郵送、情報機関の窓口などで見ることができます。

手数料は500~1,000円程度となっており、基本的には本人だけが開示請求を行うことが可能です。


指定信用情報機関の情報はカードローンの審査に響く


指定信用情報機関では、私たちのカード利用などの情報がくまなく登録されています。新たにカードローンやクレジットカードを申し込む場合には、その情報を元に審査が行われるという重要な情報です。

信用情報が不安な人は、登録が残っている期限を前提に、申し込みのタイミングを図る必要があります。登録されている情報は開示請求で見られるので、あらかじめ確認することも大切です。


<参考URL>
https://jicc.co.jp/whats/about_02/index.html
http://www.cic.co.jp/confidence/posession.html
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/about/

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融