> >> みずほ銀行カードローン審査申込み・お金を借りる方法

みずほ銀行カードローン審査申込み・お金を借りる方法

お金を借りたいと考えている方にとって、大手銀行の「みずほ銀行」のカードローンは信頼と安心感があります。

しかし、銀行系のカードローンは、消費者金融と違って面倒な手続きが必要なのでしょうか?みずほ銀行カードローン審査申込み概要、お金を借りる方法、返済方法などを紹介します。

みずほ銀行カードローンの特徴は?

みずほ銀行カードローンの特徴についてまとめました。他社のカードローンと比較して、自分にメリットのある方を選びましょう。

カードローンの利用にはみずほ銀行の口座開設が必要

みずほ銀行のカードローンを利用するためには、みずほ銀行の預金口座を持っていることが条件となります。

口座を持っていない方は、申込後に口座を開設する必要があります。みずほ銀行の口座を開設することで、預金とカードローンのほか、取引状況に応じてATM手数料が無料になる「みずほマイレージサービス」やインターネット・モバイルバンキングが24時間快適に取引できる「みずほダイレクト」が利用可能になります。


みずほ銀行の口座開設方法


みずほ銀行の口座を持っていない方は、カードローンの申込時に銀行口座開設の申込も同時に行えます。あらかじめ事前に口座を用意しておきたい方は、インターネット、郵送、来店のいずれかの方法で、口座を開設する事ができます。

スマートフォンのカメラ機能を利用すれば、運転免許証でインターネット上から本人確認が行われます。銀行に足を運ぶことが難しい方でも、気軽に申込み出来るので、便利な方法で開設しましょう。ただし、カードローンと同時に申込みをした方で、審査が下りなかった場合には口座の開設は行われません。

みずほ銀行カードローンは2タイプのカード

みずほ銀行のカードローンでは、希望に合わせて「普通預金のキャッシュカード」または「カードローン専用カード」を選ぶ事ができます。

キャッシュカードの利用を希望する場合には、カードローン口座開設後、直ぐにキャッシュカードで借入を行う事ができます。余分なカードを持ちたくない方、カードローンの利用がバレたくない方は、キャッシュカードがオススメです。

※すでに、みずほ銀行の口座を持っている方は、キャッシュカード兼用型のみが対象となります。

キャッシュカード兼用型の自動貸越機能

みずほ銀行では、キャッシュカード兼用型の場合「自動貸越機能」のサービスが受けられます。普通預金からの引き出しの際、残高が不足している時は利用限度額内にて、自動的に不足額をカードローン口座から借入を行い、引き出しできるようにする機能です。


みずほ銀行カードローンはweb完結での申込みが可能


みずほ銀行カードローンでは、「web完結」のサービスを行っているので、来店&郵送不要で24時間インターネットから申込を受け付けています。

必要書類は、スマートフォンのカメラやスキャナにて画像化して送信すればOK。忙しい方でもスピーディーに申込手続きが行えます。カードレスでの利用が可能ですが、カードを希望する方には、後日手数料なしでカード発行も可能です。


金利や限度額は?みずほ銀行カードローンの商品内容


みずほ銀行カードローンは、事業性資金以外では用途自由となっています。生活費や教育費などにお金を使う事ができるので、気軽に申し込める点が大きな魅力です。カードローンに関する金利や限度額など、商品内容についてまとめました。

みずほ銀行カードローンの金利負担&手数料

みずほ銀行カードローンでお金を借りた場合、年2.0%~年14.0%の金利負担が掛かります。消費者金融カードローンと比べ、低い金利負担でお金を借りる事ができる点がメリットですが、短期間借入の場合の無料利息サービス等は行っていません。

必ず、お金を借りた場合には、返済時に元金プラス利息分として支払う必要があるので、借入額によって異なる金利の違いをチェックしておきましょう。

10万円以上100万円 年14.0%
100万円以上200万円 年12.0%
200万円以上300万円 年9.0%
300万円以上400万円 年7.0%
400万円以上500万円 年6.0%
500万円以上600万円 年2.0%
 

※みずほ住宅ローン利用の方は、カードローン金利が年0.5%引き下げとなります。そのため、引き下げ適用後の金利は、1.5%~13.5%です。

みずほ銀行カードローンの利用限度額

みずほ銀行カードローンの利用額は、10万~800万です。上限が最高で800万円と高い金額ですが、希望額が高いほど審査は厳しくなります。年収や借入状況によって上限が決定されるため、希望額に添えない場合もあります。

みずほ銀行カードローンでは担保・保証人は必要?

みずほ銀行カードローンの利用では、担保や保証人が不要です。しかし、株式会社オリエントコーポレーションが保証会社となるため、これまでに借入が行えなかった経験がある方は、審査が難しくなります。


みずほ銀行カードローンの審査申込方法と借入までの流れ


みずほ銀行カードローンを利用する際には、審査申込をしてから必要書類を提出し、審査に通過した後、契約手続きをしてから借入が可能となります。申込に関する手続きの流れとポイントをまとめました。

カードローンへの申込利用条件

みずほ銀行カードローンの申込には、次の利用条件を満たしている必要があります。
・契約時に満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入が見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
・外国人の方は永住許可を受けている方
・みずほ銀行口座を持っているまたは開設が可能
※みずほ銀行または株式会社オリエントコーポレーションが保証会社となります。

みずほ銀行カードローンの審査申込に必要な書類

みずほ銀行カードローンの申込の際には、審査の時に提出する書類を準備しておく必要があります。

●本人確認書類・・・運転免許証、運転経歴証明書、各種健康保険証、住民表、パスポート、印鑑証明書、特別永住者証明書、在留カードのいずれか1点

●収入証明書・・・ご利用限度額が50万円以上の場合には、源泉徴収票、納税証明書、住民税決定通知書または課税証明書のいずれか1通をコピーした書類(個人事業主または会社経営者の方は納税証明書、住民税決定通知書、課税証明書のいずれかに限ります。)

カードローン審査申込方法の種類と手続きの流れ

みずほ銀行カードローンでは、5つの審査申込方法を用意しています。都合に合わせて、便利な方法でカードローン審査に申し込みましょう。

パソコンでカードローン審査に申し込む

パソコンでは24時間申込を受け付けています。みずほ銀行カードローンのサイトにアクセスをし、「口座あり」「口座なし」を選択して、必要事項を記入します。

わからない点があれば、チャットで質問・相談する事が可能です。提出書類をメールで送付し、審査を行います。審査結果は入力したメールアドレス宛てに届くので、通過した方は契約の手続きをします。

口座をすでに持っている方は、「必要書類登録用URL」が届くので、メールに記載されている内容に従って手続きを進めます。口座を持っていない方は、通帳等が送られてくるので、受け取り確認後に口座の開設とキャッシュカードの送付が行われます。契約完了後は、自宅に「契約内容確認書」が届きます。

キャッシュカード兼用型を希望した方は、すぐにカードでの利用が可能となります。カードローン専用型を選んだ方は、契約手続き完了後に1~2週間程度でカードが届きます。

スマートフォンでカードローン審査に申し込む

スマートフォンでの申込みもパソコン同様、24時間受け付けているので、忙しい方にオススメの申込方法です。

スマートフォンでは、バーコード読み取り機能があれば、簡単にみずほ銀行カードローンのサイトにアクセスする事ができます。口座有無を選択後は、案内に沿って必要事項を入力していきましょう。

郵送(メールオーダー)でカードローン審査に申し込む

みずほ銀行の備え付けメールオーダーから郵送で申し込みをします。銀行口座を持っている方が対象となるので注意してください。

「カードローン申込書、本人確認書類のコピー、年収を確認できる書類のコピー」を同封して送り、審査に入ります。審査に通過した方は、契約の手続きとカード発行の流れになります。契約が行えない場合には、郵送にて連絡があります。

電話でカードローン審査に申し込む

みずほ銀行カードローン専用ダイヤルから申込を行います。オペレーターが対応してくれるので、質問や相談をしながら手続きを進める事ができます。

届出をした電話番号宛てに審査結果の連絡がありますが、連絡がつかない場合や契約が出来ない場合には、郵送での連絡となります。審査通過をした方は、契約書類が郵送されるので必要事項を記入し、返送を行います。

みずほ銀行カードローン専用ダイヤル:0120-324-555
(受付時間:月~金曜日9:00~20:00)※12月31日~1月3日、祝日・振替休日は利用できません。

みずほ銀行店頭でカードローン審査に申し込む

最寄りのみずほ銀行にて申し込みを行います。「印鑑、本人確認書類のコピー、年収が確認できる書類のコピー」を持参し、みずほ銀行窓口にて受付の手続きをします。審査結果の連絡は、郵送にて連絡があります。通過した方は、カードの発行があります。

カードローンの審査はどれくらい?回答までの時間の目安

カードローンの申込後の審査時間は、申込方法によって異なります。
申込方法 審査時間
インターネット 翌営業日以降
店頭 翌々営業日以降
郵送 申込書が到着してから翌々営業日以降
電話 申込受付後も翌々営業日以降
 

借入希望額や収入状況などにより、目安時間よりも審査に時間掛かるケースもあります。消費者金融のカードローンより、審査に時間が掛かるので余裕を持って利用するようにしてください。また、保証会社のオリコから電話にて、審査に関する連絡が入る事があります。

みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?口コミ

・普段からみずほ銀行を利用しているため、審査には時間が掛からず、申込の翌日には借入することができた。
・ネットからの申込で、審査に1週間ほど掛かったが大手なので安心して利用できた。
・他社からの借入があったものの審査が通り、1度完済したことで限度額もアップした。
みずほ銀行のカードローンは、銀行系という事もあり審査に厳しいというイメージがありますが、安定した収入がある方なら問題なく審査に通過できるという口コミが大半を占めています。

時間が掛かった方も1週間程度で借入が行えているようですが、いざという時のために余裕がある時にカードローンの申込をしておくのがオススメです。


みずほ銀行カードローンの返済方法と注意点


みずほ銀行カードローンで借入をする時は、必ず返済方法についても確認しておくようにしましょう。

注意しておきたい返済方法

みずほ銀行カードローンの返済は、「自動引き落とし」による返済が基本となります。毎月10日(銀行休業日は翌営業日)みずほ銀行の返済用普通預金口座から利用残高に応じた金額が自動引き落としされます。

また、任意返済として「みずほ銀行ATM・コンビニATM」、「みずほダイレクト」での返済も受け付けています。ただし、任意返済を行った場合にも、毎月10日に自動引き落としが行われます。そのため、ATMやみずほダイレクトでの返済は、金銭的に余裕がある時に利用しましょう。任意返済を行えば、借入元本を早く減らす事ができます。

みずほダイレクトとは?

みずほダイレクトでは、パソコン、スマートフォンを使ったインターネット・モバイルバンキングと携帯電話、固定電話を使ったテレフォンバンキングを借入&返済にて、使う事ができるサービスです。
カードローン借入 月~金曜日の0:00~15:00
カードローン返済 24時間(月~金曜日の15:00以降、土日祝振替日受付分は翌営業日)
 

毎月の返済額はどれくらい?目安

みずほ銀行カードローンでは、月々1万円からの返済が可能となっています。利用限度額が200万円以上の場合の返済金額の目安は次の通りです。
借入残高 毎月返済額
1万円未満 毎月10日現在の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超300万円以下 3万円
400万円超500万円以下 5万円
500万円超600万円以下 6万円
600万円超700万円以下 7万円
700万円超800万円以下 8万円
800万円超 9万円
 

返済が遅れた場合の延滞金

返済期限にお金を返せなかった場合、みずほ銀行カードローンでは「遅延損害金」として年19.9%の負担が課せられます。借金の総額が増えてしまうので、借入後に返済が滞る事のないよう計画的に利用してください。

みずほ銀行カードローンで利用できるATM&手数料

みずほ銀行カードローンの利用の際には、借入や返済をATMで行う事ができます。ただし、ゆうちょ銀行と提携金融機関ATMの一部では、対応していないサービスもあるので注意しましょう。

みずほ銀行カードローンで利用可能なATM

●みずほ銀行
●E-net
●ローソンATM
●セブン銀行
●ゆうちょ銀行※キャッシュカード兼用では借入返済が不可
●提携金融機関ATM※返済不可

<ATM手数料>
コンビニATM時間外手数料、利用手数料は、月4回までは無料です。4回以上の場合1万円以下の利用で108円、1万円超の利用で216円の手数料が掛かります。

みずほ銀行カードローンでお金を借りるメリット&デメリット

みずほ銀行カードローンでお金を借りるメリットとデメリットをまとめました。これから利用を検討している方は、どのような人が利用した方が良いのか?自分が適しているのかを確認してから利用しましょう。

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行カードローンのメリットは、大手メガバンクならではの高い信頼性と安心感です。そして、他社と比較しても限度額が800万円と高く、金利負担が低いため、まとまったお金を借りたいと考えている方にオススメです。

また、普通預金のキャッシュカードでカードローンを利用できるので、すでに口座を持っているという方にとっては、手続きが簡単なだけではなく、兼用カードを持つ事で充実したサービスも受けられます。

みずほ銀行カードローンがオススメな人

・融資額が高いところを探している方 ・金利負担が低いところを探している方 ・みずほ銀行の口座を持っている方 ・キャッシュカードでお金を借りたい方

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンの大きなデメリットと言えば、やはり口座を持っていない方にとっては、新たに開設しなければいけない手間が掛かる点です。

また、消費者金融と比べ、審査に時間が掛かるので、今すぐお金を借りたい!と考えている方には適していません。

それから、保証会社の株式会社オリエントコーポレーションでは、多くのクレジットカード等を取り扱っています。これまでに金融事故などを起こし、信用情報に問題がある方は保証が受けられないため、カードローンへの申込ができません。

みずほ銀行カードローンが向いていない人

・即日融資を希望している方 ・短期間の金利負担ゼロサービスを求めている方 ・新しく口座を開設したくない方 ・保証が受けられない方


カードローン

借入の基礎知識

消費者金融