> >> モビットのカードローンの審査に申し込む

モビットのカードローンの審査に申し込む

有名大手消費者金融のモビットは、多くの人々が利用しやすい環境を整えており、モビットの審査を受けて実際にお金を借りている人も多く、今後もますますモビットを利用する人は増えていくのではないでしょうか。

ただ、モビットの知名度を知っているだけで、モビットカードローンのメリット・デメリットについて詳しく知っている人は少ないはずです。

単純に有名だからモビットのカードローンを利用することは、オススメできません。

この記事では、モビットのカードローンの金利や限度額、メリット・デメリットなど審査に申し込みする人が、絶対に知っておくべき重要な情報を中心に徹底解説します。

モビットの最大の魅力はWEB完結の契約

モビットカードローンの最大の魅力は、間違いなくWEB完結を提供しているところでしょう。

他の消費者金融・銀行のカードローンでも「WEB契約」や「WEB申込」は提供していますが、本当の意味のWEB完結を提供しているカードローンは、モビットくらいでしょう。

モビットカードローンのWEB完結は、基本的に電話連絡(在籍確認)を行っていません。

カードローンの審査を受けるときに、一番嫌なことは本人確認の電話連絡や勤務先に在籍しているか確認する電話連絡でしょう。

本人確認の電話連絡では、自宅に電話がかかってくる場合、家族にカードローンの利用をバレてしまうかもしれません。

また、勤務先に電話連絡があった場合、職場の人にカードローンの利用をバレてしまうかもしれません。

したがって、カードローンの審査を受けるときには、可能であれば電話連絡(在籍確認)はないほうが利用者にとって魅力的に感じるでしょう。

しかし、モビット以外のカードローンでは、一般的に電話連絡は避けて通れない審査項目になります。

その点、モビットのWEB完結では、電話連絡を避けることができますので、他の貸金業者に比べて魅力を感じる人も多いでしょう。

ただし、モビットのWEB完結以外の審査申込方法では、普通に電話連絡を実施しているため、審査申込時に勘違いしないように注意しましょう。

モビットのカードローン審査に申し込みできる人の条件は?

モビットの審査に申し込みできる人は、以下の条件を満たしている必要があります。

・年齢満20歳以上69歳以下の方
・安定した定期収入のある方
・担保保証人印鑑不要
※口座振替依頼の手続きは印鑑必須
・アルバイト、派遣社員、パートタイマー、自営業の方も利用可能

以上の申し込み条件は、他の大手消費者金融のカードローンと大差はありません。

ただ、モビットの公式HPに「アルバイト、派遣社員、パートタイマー、自営業の方も利用可能」と明記していることから、高収入の人以外にも積極的に融資をしていることがわかります。

モビットカードローンの金利は他社に比べて高い低いどっち?

モビットのカードローンの金利は、実質年率3.0%~18.0%になります。

以下に他社大手消費者金融と金利を比較した表を用意しましたので、まずは目を通してみてください。

消費者金融業者 金利(実質年率)
モビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アイフル 4.5%~18.0%


モビットの下限金利はアコム同様に低いですが、上限金利は18.0%になりますので、決して低いわけではありません。

また、モビット以外の他社消費者金融では、はじめて利用する方を対象に無利息期間サービスを提供していますが、モビットは無利息期間サービスの提供をしていません。

したがって、モビットは金利面でいえば他社消費者金融に比べて明らかに劣っています。
低金利のカードローンを探している人は、モビット以外を検討するべきでしょう。

モビットカードローンは即日審査・即日融資に対応

モビットは、インターネット申込やローン申込機(自動契約機)を利用すれば、即日審査・即日融資に対応しています。

ただし、どちらも24時間審査結果を知ることはできませんし、振込融資では振込依頼時間までに手続きをしなければなりません。

具体的に、即日振込融資を希望している人は、平日14時50分までに振込手続完了が必要になりますので、契約は少しでも早い時間帯に終わらせておくべきでしょう。

また、モビットのローン契約機(自動契約機)では、8時~21時まで営業しています。
※一部店舗は営業時間が異なります。

営業時間内に審査を受けることはできませんので、当該営業時間内にローン契約機で審査を進めるようにしましょう。

モビットのカードローン審査で必要な書類

モビットのカードローン審査で提出するべき書類は、「本人確認書類」と「収入証明書類」の2点を用意しなければなりません。

【本人確認書類】
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

【収入証明書類】
・源泉徴収票の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・税額通知書の写し
・給与明細書の写し(直近2か月分+賞与支給のある方は賞与明細書)

上記の【本人確認書類】と【収入証明書類】のいずれか1点をモビットに提出しなければなりませんので、事前に用意しておけばスムーズに審査が進むでしょう。

モビットの最短審査時間・最短融資時間はどのくらい?

モビットの最短審査時間は30分ですが、最短融資時間は即日中になります。

非常にスピーディにお金を借りることができますが、あくまで最短になりますので、場合によっては翌営業日になってしまうこともあるでしょう。

少しでも早い時間にお金を借りたいのであれば、なるべく早い時間帯で審査に申し込みすることが大事になります。

また、モビット側は混雑していなくても、審査申込者が記入ミスや提出書類ミスがあった場合、審査時間は長引いてしまいますので、注意して審査に申し込みしましょう。

モビットのATM手数料は?

モビットのATM手数料は、有料と無料があります。

・三井住友銀行ATM=無料
・提携金融機関ATM、提携コンビニATM=有料

1万円以下108円、1万円超216円の手数料を支払わなければなりません。

三井住友銀行は全国規模のメガバンクのため、利用者の近所に三井住友銀行ATMを設置していることも多いのではないでしょうか。

ATM手数料はほんの数百円ですが、何度も借入返済を利用すれば大金になってしまいます。

また、振込融資や口座振替返済を利用する予定の人は、ATM手数料は関係ありません。


モビットの審査通過率は高い?


モビットの審査通過率が高ければ審査に通りやすいですし、逆にモビットの審査通過率が低ければ審査に通りづらいことを意味します。

しかっし、モビットは審査通過率を公表していないため、審査に通りやすいのか通りづらいのか、それはモビットの審査担当者以外はわかりません。

ただ、大手消費者金融の審査通過率は、平均して40%~50%前後になりますので、モビットでも大差ないのではないでしょうか。

モビットのカードローンの審査に申し込む!まとめ

モビットのカードローンの審査に申し込む人が知っておくべき情報を、この記事では手一定的に解説してきました。

それでは、以下にこの記事で重要なポイントを簡潔に記しておきます。

・WEB完結は電話連絡なし
・アルバイト・パートタイマーでも融資可能
・無利息期間サービスは提供していない
・最短即日審査、最短即日融資対応
・振込即日融資は14時50分まで
・三井住友銀行ATMは手数料無料
・モビットの審査通過率は公表していない

以上の内容がモビットのカードローン審査に申し込む前に知っておくべきポイントになりますので、魅力を感じた人は検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融