> >> レイクとモビットカードローンどっちで借りる?

レイクとモビットカードローンどっちで借りる?

レイクとモビットは、どちらも有名なカードローンであり、手軽に融資を受けられると人気です。しかし、この2つのカードローンには大きな違いがあり、借り入れを目指す時の審査の可否や使いやすさなどに差が出ることがあります。

ここでは、レイクとモビットカードローンの金利や限度額、無利息サービスや在籍確認方法、審査スピードなど、サービスの違いをチェックして、どちらで借りるのが得策か?判断できるように解説します。

新生銀行カードローン「レイク」の基本情報

レイクカードローンの基本情報を紹介します。レイクは新生銀行のカードローンサービスであり、銀行カードローンのひとつです。消費者金融とは違った条件下で利用できるものなので、消費者金融を使えない人や銀行の安心感を求める人に適しています。


レイクの金利と限度額


レイクカードローンは銀行カードローンですが、金利は実質年率4.5~18.0パーセントと消費者金融並みの高さとなります。銀行カードローンには金利の低いものも多いのですが、レイクは比較的高い金利水準となっています。利用限度額は最高500万円で、消費者金融と比較するとやや少ない印象です。

レイクの申し込み方法と審査スピード

レイクは、銀行カードローンとしては、速い審査スピードと手軽な申し込み方法を持っています。申し込み方法には、インターネットや電話などがあり、さらに銀行では珍しい自動契約機からの申し込みもあります。

消費者金融のカードローンのように、自動契約機から申し込みからカード発行まで行うことが可能です。カード発行までのスピードは、自動契約機で1時間弱、その前にネットで申し込みをしておけばカード発行はさらに簡単で速くなります。ネット申し込みでも振り込みキャッシングで最短即日融資が可能です。

レイクで借り入れできる人

レイクは銀行カードローンなので、消費者金融に定められている「総量規制」に関わらず申し込み、契約することができます。

レイクの決まりとして申し込みには安定収入が必要ですが、パートアルバイトでも申し込みできて、借り入れ金額も年収の3分の1という決まりはありません。

※総量規制とは銀行以外の貸金業者のルールであり、消費者金融の場合、借り入れは全社合計で年収の3分の1を超えられなくなっています。審査状況によって結果には個人差はありますが、銀行ローンでは総量規制の壁を越えて高額な借り入れができることもあります。

新生銀行カードローン「レイク」借り入れ方法と返済方法

レイクの借り入れと返済方法は、振り込み、口座引き落としとATMの利用があります。ATMの借り入れではレイクATMや新生銀行ATM、その他の銀行やコンビニなどの提携ATMが利用可能です。

レイクは専用ATMの他にも手数料のかからないATMの種類が多く、セブン銀行、ローソンATM、イーネットなどからの借り入れも手数料無料で行えます。


モビットカードローンの基本情報


モビットカードローンの基本情報を紹介します。モビットカードローンは、消費者金融のカードローンとして、スピードやサービスなどに力を入れています。銀行カードローンとは違った点もあります。

モビットの金利と限度額

モビットの金利は、実質年率3.0~18.0パーセントです。限度額は800万円までとレイクよりも高額となっています。ただし、モビットは総量規制の対象となるカードローンであるため、年収の3分の1を超えて借り入れ限度額が設定されることはありません。


モビットの申し込み方法と審査スピード


モビットの申し込み方法には、インターネットと電話、郵送、自動契約機があります。インターネットからの申し込みでは、社会保険証か組合保険証を持っていて、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている人に限り、WEB完結申し込みを行うこともできます。WEB完結であれば、在籍確認の電話や書類の郵送、ローンカードを必要とせず、手軽でスピーディな利用が可能です。

基本の審査スピードは最短で30分と速く、ネットからの申し込みであればWEB完結でなくとも最短即日融資が可能です。


モビットで借り入れできる人


モビットは消費者金融カードローンのため、収入のない人は申し込みできません。アルバイトやパート、契約社員、自営業者など収入のある人のみ申し込み可能です。また、総量規制によって、モビットで借り入れできるのは、他の消費者金融で年収の3分の1を超えて借り入れしていない人となります。

モビットカードローン借り入れ方法と返済方法

モビットカードローンの借り入れ、返済方法は、ATMと口座振り込み、引き落としが利用できます。ATMは三井住友銀行やコンビニ、提携銀行ATMなどが使えますが、手数料がかからないのは三井住友銀行のみとなっています。

新生銀行カードローン「レイク」とモビットカードローンの違い

レイクカードローンとモビットカードローンには、銀行と消費者金融という違いもありますが、細かなサービス面での違いもあります。サービス面の違いから使いやすさを比較してみましょう。

レイクカードローンは無利息サービスが2種類

レイクカードローンには、銀行には珍しい無利息期間のサービスがあり、消費者金融でも類を見ない2種類のサービスがあります。レイクの無利息サービスは借り入れ全額30日間と借り入れ5万円まで180日で、契約限度額によってはどちらかを選べます。

30日無利息サービスは、限度額に関わらず利用出来るサービスです。180日無利息サービスは、限度額200万円までとなっているため、200万円までの限度額の人はどちらか選ぶことができます。無利息期間の開始は、契約日の翌日からとなっており、期間を過ぎたら通常の金利がかかります。

モビットは内緒で借り入れできるカードローン

モビットカードローンは、カードレスでのキャッシング利用や在籍確認の電話を回避できるサービスなど、誰かに借り入れを知られるリスクを減らせるカードローンです。モビットではセブン銀行において、専用アプリを使うことでカードを使わずに現金を借り入れることができます。

また、申し込み時の勤務先への電話連絡を回避できるため、同僚などに借り入れを知られることを避けられます。書類の送付もありません。


レイクカードローンとモビットカードローンはどっちがいい?


レイクカードローンとモビットカードローンには、それぞれに利便性などが違います。どっちのカードローンが良いかを決めるには、サービス内容の便利さやお得感を比較すると良いでしょう。

お得に借りるならレイクのカードローン

レイクは銀行カードローンにも関わらず無利息期間サービスを持っていたり、借り入れ時に手数料がかからないATMが多かったりとお得に利用できる面が多くなっています。無利息期間は少額融資なら2つのタイプから選べるため、自分の借り入れしたい金額に合わせて効果的な方を選びましょう。

ATMの手数料は利用回数を重ねることで蓄積されていき、1回ずつは少額でも合算すると高額となることがあります。こうした積み重ねの経費削減を考えることもカードローンでは大切なことです。

利便性を求めるならモビット

モビットカードローンは、WEB完結申し込みを利用することで契約時の手続きも、ネットやアプリなどを活用することでキャッシング利用も、こっそりとスムーズに行うことができます。

また、書類の送付もなく、カードなしの現金キャッシングも可能です。申し込みの手間が面倒だったり、カードローンを感づかれることを恐れる人にも適しています。

WEB完結の条件である三井住友や三菱東京UFJ銀行に口座を持っているのであれば、モビットの利便性は高いといえそうです。

<まとめ>
レイクカードローンとモビットカードローンは、銀行と消費者金融という違いやサービス面の差があります。どちらのカードローンもそれぞれに便利さが違っているため、必要な条件やサービスを備えている方を選んで利用すると良いでしょう。申し込み時だけでなく、利用開始後の利便性も合わせて確認しましょう。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融