> >> アコムのカードローンの審査に申し込む

アコムのカードローンの審査に申し込む

大手消費者金融のアコムは、毎日多くの人がカードローンの審査に申し込みしています。

アコムのカードローンの審査に通れば、まとまったお金を手にすることができますので、大金の出費にも対応できるのではないでしょうか。

ただ、アコムのカードローンは誰でも審査に通るわけではなく、アコムの定めた所定の基準をクリアしている必要があります。

とりあえずアコムは有名だから審査に申し込みしてみよう、という考えでは、場合によっては審査に落ちてしまうかもしれません。

この記事では、アコムのカードローンの審査に申し込む予定の人を対象に、金利や限度額、金利0円サービス、即日融資など、絶対に知っておくべき情報を徹底的に解説していきます。

アコムの魅力3つのポイント

アコムは公式HPに以下の3つのポイントを魅力に掲げています。

・30日間金利0円サービス
・利用可能額1万円~800万円
・多彩な借入/返済方法

30日間金利0円サービス

アコムの利用がはじめての方は、契約日の翌日から30日間金利0円で利用できます。

期間内に返済すれば1円すら多く返す必要はないですし、たとえ期間内に返済できなくても短期間で返済できれば低金利カードローンよりも返済額は少なくてすむかもしれません。

利用可能額1万円~800万円

利用限度額の範囲内であれば、何回でも利用できます。 ※アコム所定の審査によって最大借入限度額は異なります。

多彩な借入/返済方法

アコムの全国の店舗窓口、アコムATM、提携ATM、インターネットなど幅広い借入/返済方法を用意しています。

【見出し2 アコムの審査に申し込みできる人の条件とは?】

アコムの審査に申し込みしたい人は、以下の条件を満たしている必要があります。

・20歳~69歳の人
・安定した収入と返済能力を有する人
・アコムの所定の基準を満たす人

 ※保証人・連帯保証人は不要

「安定した収入と返済能力を有する人」は、特別高収入の人を指しているわけではなく、アルバイト・パートタイマーの人が得られる程度の収入でも構いません。

「アコムの所定の基準を満たす人」は、アコムの審査担当者以外はわかりませんが、上記の「安定した収入と返済能力を有する人」に該当していれば審査に通る可能性はあります。

アコムの金利は他社に比べて高い低いどっち?

アコムのカードローンの金利は、実質年率3.0%~18.0%に定めています。

以下に大手消費者金融の他社と比較した表を用意しましたので、参考にしてください。

消費者金融名 金利(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
上限金利はプロミスが若干低くなりますが、プロミスは下限金利が高いです。

大手消費者金融の中では、アコムの金利はいたって普通ですが、最大30日の金利0円サービスの提供もしていますので、決して劣っている点はないでしょう。

アコムカードローンの審査申込方法はたくさんあり

アコムの審査申込方法は、以下の方法を自由に選ぶことができます。

・スマートフォン/携帯電話(インターネットまたはアコム専用アプリ)
・パソコン(インターネット)
・店舗窓口
・むじんくん(自動契約機)
・電話
・郵送

上記の審査申込方法の中で、郵送のみ即日審査・即日融資に対応していません。

また、24時間審査に申し込みできる方法は、スマートフォン/携帯電話・パソコン・電話の3種類になります。

上記の申込方法では契約時間によって、即日振込融資に対応できない可能性はあります。
※ただし、楽天銀行口座所有者は、24時間最短1分で完了します。

ゆうちょ銀行 平日14時まで
銀行・信用金庫 平日14時30分まで
※上記の時間までに振込融資の依頼ができなかった場合は、翌営業日振込になります。

一方、店舗窓口・むじんくん・インターネット+むじんくん・電話+むじんくんの審査申込方法では、専用ローンカードをその場で受け取ることができますので、即日融資可能です。

ただし、営業時間が決まっていますので、以下の表を参考にしてください。

店舗窓口 平日9時30分~18時
むじんくん 8時~22時

振込融資は最大でも平日14時30分までしか対応していませんので、以降の時間帯で即日融資を希望している人は、店舗窓口・むじんくん(無人契約機)を検討するべきでしょう。

また、「インターネット+むじんくん」の意味は、審査をインターネットですませ、専用ローンカードの受け取りはむじんくんを利用する方法です。

上記の方法では、審査申込を自宅または外出先でも行えますので、むじんくんでの審査時間を省略することができ、時間を有意義に使うことができるでしょう。

また、電話申込でも同様に電話審査+むじんくんの利用ができます。

アコムのカードローン審査で提出するべき書類とは?

アコムのカードローン審査では、個人情報・勤務先情報の記入だけでなく、他にも必要書類を提出しなければなりません。

アコムの必要書類は、本人確認書類と収入証明書類にわけることができ、以下にそれぞれ利用できる書類を紹介していきます。

本人確認書類

・運転免許証 ・マイナンバー(個人番号)カード ・住民基本台帳カード(顔写真あり) ・健康保険証+住民票または公共料金の領収書または納税証明書  ※公共料金の領収書とは、電気・ガス・水道・固定電話・NHKなどになります。

収入証明書類

収入証明書類の提出は、以下の条件に該当している人のみ提出義務があります。

・アコムで利用限度額50万円を超える人
・他社含め借入額の合計が100万円を超える人

アコムに利用できる収入証明書類は、以下の書類になります。

・源泉徴収票(最新年度)
・給与明細書(直近1ヶ月~2ヶ月)+賞与のある人は賞与明細書(直近1年)
・市県民税決定通知書(最新年度)
・所得証明書
・確定申告書(最新年度)

また、口座振替返済を希望している人は、口座情報の記したキャッシュカードなどと届出印を提出するようにしましょう。

アコムの最短審査時間は?即日融資できる?

アコムの審査時間は、最短30分です。 申込から契約までの時間は、最短40分ですので即日融資可能です。

ただ、気をつけて欲しい点は、あくまですべての手続きがスムーズに進んだ場合で、申込に慣れていなかったり在籍確認に遅れたりして、遅い時間になるかもしれません。


アコムのATM手数料の有無は?


アコムのATM手数料は、有料と無料があります。

・アコムATM=無料
・提携金融機関、提携コンビニATM=有料

ATM手数料は1万円以下108円、1万円超216円になります。


アコムカードローンの審査通過率は?


審査通過率とは、アコムの審査を受けた何%の人が審査に通ったかを示す数値です。

アコムの審査通過率は、45%~49%前後になりますので、約過半数の人が審査に通っていることを示しています。

また、大手消費者金融の中で最も審査通過率が高いのがアコムになりますので、とにかく審査に通りたい人はアコムを検討してみてはいかがでしょうか。

【見出し9 】

アコムのカードローンの審査に申し込む「まとめ」


以上に説明してきましたとおり、アコムのカードローンの審査はメリットが多かったのではないでしょうか。

最短即日審査・最短即日融資に対応していますし、はじめてアコムカードローンを利用する人は最大30日の金利0円サービスを提供しています。

また、多彩な借入/返済方法を用意してくれていますので、自宅・外出先問わずお金を借りたり返したりできるでしょう。

また、なによりアコムは審査通過率が大手消費者金融の中でトップクラスの数値を誇っているため、とにかく審査に通りたい人はアコムを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融