> 借入の基礎知識

借入の基礎知識

カードのショッピング枠って現金化できるの?

クレジットカードのショッピング枠は、ものを購入したりサービスの代金や公共料金の支払いに使うことができるものです。しかし、急に現金でないと対応できない出費やお金の入用があった場合には、カードで支払うだけでなく直接現金を手に入れたいと思うこともあるでしょう。

クレジットカードはあるけど、カードローンやキャッシング枠は利用できないといったケースでは、そのショッピング枠を使って現金を調達する方法があります。

これをショッピング枠の現金化といいますが、この方法にはさまざまなリスクがあり、利用できたとしてもあまりおすすめはできません。ここではショッピング枠の現金化の方法とリスクについて紹介します。

審査が不安な人が申し込むべきクレジットカード

クレジットカードは、審査に通らないと契約することができません。クレジットカードの審査はカード会社によって行われるもので、個人の仕事や収入、過去のカード履歴などを元に判断されますが、それぞれのカード、会社ごとにその基準に違いがあります。

自分の収入や過去のカードの利用の仕方などで審査に不安がある場合には、審査の基準が自分に合っていて審査通過しやすいカードを選ぶことが大切です。今回は、審査が不安な人でもチャンスがありそうなクレジットカードの選び方、おすすめのカードを紹介します。

クレジットカードの審査のポイント

クレジットカードを新しく作りたい場合には、必ずその前に審査に通過しなければいけません。クレジットカードの審査は、カード会社によって多少の厳しさの差がありますが、基本的なポイントを押さえておくことで比較的スムーズに審査を終えることができるでしょう。

審査通過のポイントとなるクレジットカード会社が注目する点や申し込みで注意すべきことを紹介します。

差し押さえになるまでの流れ

差し押さえは、裁判や公正証書による強制執行です。簡単に言えば、お給料や不動産などの財産を借金返済などのために取られてしまうシステム、ということになります。

差し押さえは執行されてしまうと自分たちの生活に大きな問題を引き起こすため、どうやって進められるかの流れを理解して、その前兆がある時には適切に対処する必要があります。

借金依存症とギャンブル依存症

依存症は、自分でも気がつかないうちに始まってしまうものであり、気がついた頃には精神的に追い詰められて医療的処置が必要となってしまうものです。

借金依存症やギャンブル依存症は、気がついた時には金銭的にも追い詰められており、人間関係や社会生活にも悪影響を及ぼすことがあります。さらに、借金依存症とギャンブル依存症は平行して発症してしまうことも多いものです。

今回は、これら二つの依存症のきっかけや進行、さらに精神面の変化など、詳しく説明します。症状を知ることで家族の依存症の発見や対策のヒントが見つかるかも知れません。

保証人と連帯保証人の違い

保証人は、債務者が返済できなくなった時のリスクを回避するために債権者が求める「人的担保」です。お金を借りる人が第三者にお願いして保証人になってもらうと、借りたお金を返せなくなった時にはその保証人がお金の返済義務を負うことになります。

保証人の中には「連帯保証人」というものもあり、これは普通の保証人とは義務の範囲や扱いが違うものです。この2つの違いを知らずに保証人を引き受けると大変なことになることもあるため、しっかりと意味を理解した上で検討することが必要となります。保証人と連帯保証人の違いと、軽い気持ちで受け入れてしまった場合のリスクを紹介します。

口約束でお金を借りた場合の返済義務は?

「お金が入ったらちゃんと返すから」と口約束でお金を借りた場合、法律上の返済義務は発生するのでしょうか。

結論からいうと、契約書などは作っていなかったとしても、お金を受け取った時点で契約は有効に成立しています。

もし約束の期日までに返済できなかった場合には遅延利息などの形でペナルティが生じてしまう可能性もありますから、注意しておかなくてはなりません。

ここでは口約束でお金を借りた場合の返済義務の具体的な内容や、もし裁判などになってしまったときに予測されるリスクについて具体的に解説させていただきます。

一時的に急いでお金を借りたい!そんな時は

「来週、学生時代の友達の結婚式があって、祝儀代とドレス代がどうしても必要...」

「今月はお金を使いすぎて家賃が落ちない...立ち退きなんてことになったらどうしよう...」

日常生活でそんなに無駄遣いをしていないという人でも、お金が足りなくなって一時的に急いでお金を借りたい!という状況になってしまう可能性はあります。

問題は「どこから借りるか?」ですが、家族から借りる方法を除き、急ぎの場合の選択肢としては銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りることが考えられます。

初めて金融機関(銀行や消費者金融)からお金を借りるという方は、事前に知っておくべきことがいくつかありますから注意しておかなくてはなりません。

ここでは一時的にお金を借りたい!というときに選択できる方法と、知っておくべき注意点について解説させていただきます。

ニートがお金を借りる方法は?

「失業してしまってもう何ヶ月も収入がない...でもお金が今すぐ必要...」

「家族に生活の面倒を見てもらっているけど、どうしても今すぐ欲しいものができてしまった。どこかからお金を借りることはできないかな...」

生活をしていくためにはお金が必ず必要ですから、現在はニート(無職の人)であってもなんらかの形でお金を用意しなければならない状況に追い込まれることは少なくありません。

どうしても困ったときにはお金を借りてくることが考えられますが、問題は「どこから借りるか」です。

結論から言うと、現在ニートの人が銀行や消費者金融といった金融機関でお金を借りることは非常に難しい(実質的には不可能)です。

家族などからお金を借りることができるのであれば、恥をしのんで頼んでみるのも一つの選択肢といえます。

それでは、そのような人(家族)がいないときにはどうすればいいのか?

ここでは現在ニートの人がお金を用意するための方法について考えてみましょう。

母子家庭のママがお金を借りる良い方法

母子家庭のママは、一人で子供を育てて生活していかなければいけません。シングルマザーの生活は、多くの場合大変厳しく、生活費や子供の教育費、医療費などにも困ることがあります。

また、生活は困っていない家庭でも、貯蓄が乏しく、いざ子供の進学といった場合に困るケースもあるものです。

こういった時に、母子家庭のシングルマザーがお金を借りる良い方法を紹介します。一生懸命に働いていても、間に合わないことは誰にでもあるので、困ったら躊躇せずに利用しましょう。そして、利用しやすく便利な方法は、いざという時のために前もって知っておきましょう。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融