> >> 今すぐ10万円借りる方法

今すぐ10万円借りる方法

急にお金が必要になった時、私たちに出来ることは持っているもので何とかする方法と誰かに借りる方法のどちらかです。

素人がFXや株取引などでいきなり大もうけしたり、当然ギャンブルで稼ぐことなどは不可能となります。

手元に差しあたって貯金やお金に出来そうなものがない場合には、基本は借りるしかありませんが、今すぐに借りることはできるのでしょうか?特に今すぐに10万円ほどのまとまったお金を借りたい時にやってみたい方法を、その人の条件別に紹介していきます。

会社勤めをしている人はカードローン

会社勤めをしていて勤務実績がある場合には、貸金業者からの融資が比較的スムーズに受けられます。消費者金融は、どちらかというと銀行よりもスピーディーな契約、借入ができるため、消費者金融のカードローンを利用してみましょう。


即日融資や振り込みキャッシングなど、急いでいる人に優しいサービスも充実しています。また、パートやアルバイトなどの非正規雇用でも、消費者金融であればカードローンの審査に通りやすい傾向があります。

カードローンを借りる時に必要なもの

消費者金融カードローンを申し込む際に必要となるのは、身分証明書です。大きなお金を借りる場合には収入証明書なども必要ですが、今回は10万円ですから基本的には必要ありません。


カードローンの審査には在籍確認がありますが、会社に電話をかけられるのが嫌な場合には別途、書類での確認ができる貸金業者もあります。その場合には会社に勤務していることが分かる証明書も必要です。各社必要となる書類は違いますが、社員証や給料明細、源泉徴収票、社会保険の健康保険証などが認められています。


カードローンでお金をいち早く借りる方法


カードローンでお金をすぐにでも借りたい場合には、申し込み方法にも工夫が必要です。まずは、WEBで申し込みをしてから店頭、無人契約機へ行くとより早く、スムーズに契約できます。消費者金融の多くは契約したらすぐにローンカードを発行するので、そのままATMでキャッシングで借入します。

お店に行くことが出来ない場合には、振り込みキャッシングを利用します。各社条件は違いますが、できれば午前中(午後2時くらいまではOKの場合も)には契約と振り込み依頼をしておきたいものです。申し込みの時間によっては翌日になってしまうこともあります。

基本的には業者指定の銀行に口座がある人のみ可能ですが、24時間振り込み融資ができる業者もあります。


無職の人が今すぐ10万円借りるには?


無職の場合には、カードローンなどの利用が厳しくなります。審査では安定収入が必要となり、消費者金融では特に総量規制があるため無職、無収入の人の利用はできません。そのため、無職の人が今すぐ10万円借りる場合には、貸金業者ではなく家族や友人などに都合してもらうことも考えなければいけないでしょう。

ただし、友人、知人からお金を借りるのは人間関係を壊すリスクにもなります。また、貸金業者の融資ならともかく、知人に貸すには10万円は高額です。そのため、どうしても借りなければいけない場合には、信頼関係が強い友人に依頼して、借用書などの書類もきちんと交わしましょう。当然ですが、約束通りに返済をすることも必要です。

銀行カードローンなら今すぐ10万円借りられる場合も?

無職の人でも配偶者などに収入がある場合、銀行カードローンなら今すぐ10万円借りられる可能性があります。この場合には、融資スピードの速い銀行を探し、即日融資を目指しましょう。


クレジットカードを持っている人が今すぐ10万円借りるには


クレジットカードの多くには、キャッシング機能がついています。クレジットカードは基本的にはお買い物で利用するものですが、その一部はキャッシング枠といい、お金を借りるために使えます。カードローンなどより少額ですが、10万円くらいであれば今すぐ借りれそうです。

ただし、キャッシング枠はゼロ円にしておくことも出来、利用したことがなければ自分のクレカがいくらの枠を持っているか忘れている人も多いでしょう。その場合には、インターネットの会員ページなどで確認、増額することができるものもあります。

クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードでお金を借りる場合には、カードローンと同じようにATMを利用できます。ATMの手順に従って、借入を利用します。クレジットカードのキャッシングはカードローンと違って多くのものが一括返済となるので、返済月には注意が必要です。

クレジットカードの現金化には注意を

クレカの利用方法としてショッピング枠の現金化というものがあります。これは、クレジットカードで買い物をして、商品を現金化業者に渡すことで現金を受け取れるという方法です。

キャッシング枠がない時には便利そうですが、正規に認められたものではありません。「クレジットカード会員規約」に違反する行為であり、カード利用の停止や強制退会、さらに悪質な業者によって多額の債務を背負わされるリスクとなります。


今すぐに10万円が必要なら自分に合った方法で


突然お金が必要になると慌ててしまいますが、適切に行動すれば解決することも可能です。自分の状況に合った借入方法を選び、速やかに手続きを始めましょう。ただし、リスクの高い方法には決して手を出さないで安全に解決を目指すことが必要となります。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融