> >> カードローンはイヤ!親から上手にお金を借りる方法

カードローンはイヤ!親から上手にお金を借りる方法

突然お金が必要になったり、カードローンの審査に通らない場合には、家族に頼ることを考えるものです。兄弟や配偶者には言えないことでも親なら相談できることも多くなります。

しかし、お金を借りる相談は怒られたり、断られる可能性もあります。お金を借りる必要があり、親にしか頼れない場合には、上手に相談を持ち掛けましょう。

また、親子のお金のやり取りは贈与税がかかってしまうこともあるので、そうならないための工夫も必要です。

親からお金を借りるための理由と言い訳

親は子供のためであれば、できることなら何でもしてやるものですが、子供が正しくないことをした時には叱ったり、突き放したりすることもあります。


お金のことも、子供に圧倒的な非があったり、いい加減な理由の場合には貸してもらえない可能性もあるでしょう。親だからこそ、お金を借りる際にはその理由をきちんと説明しなければいけません。

前向きな用途なら快く


お金が必要で親から借りる場合、マイホーム資金や学費、事業資金などの前向きな用途の方がスムーズに話が進みます。スキルアップをしたいから、転職をして生活が軌道に乗るまでの資金が必要だから、などの理由も親は納得しやすくなります。

必要に迫られた場合も親身になって


突然の結婚式の招待や葬式などが続き、出費が増えた場合や目的があって貯金していたもののやむを得ず別の用途に使ってしまった場合などの避けられないケースでも、親は納得してくれるはずです。

ギャンブルや遊び資金の場合は怒られるかも


お金が足りなくなった理由がギャンブルや遊びすぎの場合には、人によっては怒られたり、お金を貸してもらえないこともあります。どうしても必要な場合には、今後の生活の改善を約束して、誠実な態度で頼みましょう。正直に言いたくない気持ちはありますが、嘘がばれたら余計に信頼を失い、怒りを買います。正直に申し出て、頭を下げましょう。

いざと言う時のために堅実な生活態度を

急にお金が必要になり、その使い道が正しいものであっても、普段の生活態度が悪い場合には親の信頼が得られずお金を借りられないこともあります。いざと言う時に信用して助けてもらうためには、堅実な生活を送っておくことも大切です。

親からお金を借りる時に必要なこと

親などの親しい間柄の人からの借金では、つい甘えが出てしまい、返済のルールを決めなかったり、もらったような気分になりがちです。しかし、親子関係であろうともきちんと返済のルールを決めておくことが必要となります。親子間での借金はルーズにしておくと贈与と見なされて税金がかかる恐れがあります。

親子間の借金と贈与税

親から子へとお金を渡した場合、110万円以上で贈与税がかかります。贈与かどうかは税務署が判断することであり、自分たちが「これは借りたお金だ」と言っても通用しません。

そのため、親から110万円以上のお金を借りる時には借りていることが税務署から見ても分かるようにしておく必要があります。

親子間でも借用書と利息を

親子間で贈与と見なされないためには、借用書を作成して、利息を設定することが必要です。借用書は書き方のルールに従って、必要事項を漏らさず記載します。

借用書の必要事項には以下のようなものがあります。

・親の氏名
・お金を受けとった日付
・借りた金額
・返済方法と期日(利息も)
・作成日
・自分の住所・氏名を住所

公正証書とは違いますが、裁判で証拠にもなる書類です。これを作成しておくことで、貸し借りであることが分かります。

注意したいのは、親子間であろうとも返済期日と利息を設定しておく必要がある点です。これらがないと贈与と見られる恐れがあります。また、当然ですが、実際に返済している事実も必要です。

マイホーム資金で贈与税が非課税のケース


親から子への高額なお金の受け渡しは、贈与として認められることがありますが、贈与でも税金がかからないケースもあります。贈与税がかからないのは、住宅取得等資金の贈与税の非課税枠に当たるケースです。マイホーム資金は高額となり、親からの援助も大きな金額になりますが、非課税枠の範囲であれば借りようがもらおうが安心です。

贈与税がかからない仕送り

親から子への受け渡し金額が高額であっても、遠方で暮らす学生の子供に対しての仕送りには贈与税がかかりません。この場合には、生活資金や学費として利用することが条件となり、それ以上の金額を受け取ったり、その金を別の目的に使用すると贈与税がかかることもあります。

親からお金を借りるのは意外と大変

親からの借金は簡単そうに思えますが、説得や税金の問題など意外と大変なことが多いものです。親子間の信頼関係のためにも、余計な税金の支払いを抑えるためにも、親からお金を借りる際はルールを守って手続きを踏みましょう。親は子供が正しい行動をしている限り、きっと助けになってくれるはずです。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融