債務整理とは

借金は返済することが必要ですが、返済に無理が出てきてしまった場合には、債務整理という方法を使って借金返済の義務を減らしたりなくしたりすることが可能です。

債務整理にはいくつかの方法があり、方法によってメリットデメリットが違います。また、利用できるものばかりではありません。

大抵は弁護士などのプロに依頼しますが、債務整理を考えているなら、方法や利用できる条件を自分でもチェックしておきましょう。

債務整理には4つの種類がある

債務整理には、基本的に4種類の方法があります。それぞれの種類の目的と方法について見てみましょう。ただし、こうした債務整理は自分だけでは難しいため、プロの法律家の手を借りることになります。

過払い金請求

過払い金請求はコマーシャルなどでも見かけることがあり、世間に浸透している方法かも知れません。過去に支払った利息のうち払いすぎた金額を計算して、返還してもらうという方法です。

借入残がある場合には過払い金で残金を相殺し、ない場合には手元に現金を取り戻すことができます。過払い金を計算するには過去の利息支払い状況がわかる書類として、貸金業者に取引履歴の開示を請求することが必要です。

任意整理


任意整理は借金をした人と貸金業者の間で行われるもので、将来の利息をカットして借金を返済しやすくするという方法です。

多くの場合過払い金請求と平行して行い、過払い金によって借金を減額した上で利息のカットと返済方法を交渉します。交渉が成立したら、決めた返済期間の中で返済を完了する必要があります。

個人再生


個人再生は、借金が大きく任意整理では返済が困難な場合に利用できる債務整理で、裁判所を通して手続きをする方法です。高額な財産があってもそれを処分する必要はありません。借金を大幅に減額してもらうことが出来ますが、原則3年間で返済する必要があります。

自己破産と免責


自己破産と免責は、裁判所を通して借金をゼロにする債務整理の方法です。高額な財産は処分をして返済に充て、残った借金は免責で返済の必要がなくなります。

債務整理のメリットデメリット

債務整理にはメリットとデメリットがあり、それぞれの方法を選ぶ際にはそのバランスを考えて自分に有利なものを選ぶことが必要です。

基本的な債務整理のメリットデメリット

債務整理の全てに当てはまるメリットとしては、借金が返しやすくなる/なくなることで取立てや生活苦から抜け出すことが出来る点が挙げられます。デメリットとしては、ブラックリストになってしまい、今後の融資が難しくなる点があります。

過払い金請求のメリットデメリット

過払い金請求のメリットは過去に遡って支払い済みの利息を取り戻すことができる点です。デメリットには請求を行った貸金業者からは二度と借入ができない点や、金額によっては借金が減りにくいことがある点などがあります。

任意整理のメリットデメリット

任意整理のメリットは、財産も失わずに借金の返済をしやすくできる点です。過払い金請求を同時に行うことで、借金の残高を減らして返済が楽になります。また、裁判所を通さないため、誰かに知られるリスクもありません。デメリットとしては、基本的に返済の義務は残ることや貸金業者が話し合いに応じないと長引く可能性がある点などがあります。

個人再生のメリットデメリット

個人再生のメリットは、財産を失わずに大幅に借金を減らすことができる点です。デメリットには裁判所を通すため官報に載る点や、借金がゼロになるわけではなく返済しなければいけない点などがあります。

自己破産と免責のメリットデメリット

自己破産と免責のメリットは、借金の返済が必要なくなることです。デメリットとしては、官報に載る点や一定の職業に就けなくなる点、財産を処分しなければいけない点などがあります。

債務整理を利用できる人と条件は

債務整理には、利用できる条件が設けられているものもあります。また、利用できてもあまり有利に事が運べないこともあり、せっかく債務整理を行ったのに楽にならない場合も考えられます。

過払い金請求を利用できる条件

過払い金請求は、過去の利息の支払いで一定の利率よりも高い利息を支払っていた人だけが利用できます。そもそも過払い金が発生していなければ意味がありません。


過払い金請求の対象となるのは、利息制限法と出資法の利率の間であるグレーゾーン金利が適用されていた分です。特に2010年より前に借入、返済をしていた人が利用できる可能性を持っています。ただし、古い借金でもグレーゾーン金利でないこともあります。

任意整理を利用できる条件


任意整理は、借金を棒引きにするものではないため、返済能力のある人が利用できます。基本的には3年以内での返済が求められます。また、任意整理は過払い金が多い人の方が借金の減額が大きくなり、その後の返済が楽になります。

個人再生を利用できる条件


個人再生は住宅ローンをのぞく借金の総額が5,000万円以下という条件があります。また、3年間で返済しなければいけないため、返済能力も必要です。高額な財産を持っていても失うことがないため、マイホームを持っている人などに向いています。

自己破産と免責を利用できる条件


自己破産と免責は、返済能力がないと認められる人に向いています。所得が少なく返済できないと裁判所が認めないと自己破産できないためです。

また、ギャンブルや風俗の利用での借金で自己破産する場合には、免除されないこともあります。財産を持っていると処分の対象となるため、住宅などの高額なものがない人に向いています。

債務整理は自分に合った方法で


債務整理にはいくつかの方法がありますが、それぞれに失う恐れのあるものがあり、借金の減り方も違います。

そのため、債務整理はしたけど楽にならないといった事態を避けるために自分が楽になれるものを選ぶことが大切です。また、利用できる条件もあるので好きなものを選べないこともあります。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融