> >> 教育ローンでお金を借りる方法

教育ローンでお金を借りる方法

教育ローンは子供の教育にかかわる資金を借りるローン商品です。目的ローンとして金利が抑えられており、まとまった金額を手にすることができるため、高額な入学金や学費の支払いなどに充てることができます。

教育ローンにはいくつかの種類があり、民間や公的ローンなどでは金利やシステムが違うため、自分に適したものを選んで利用しましょう。教育ローンでお金を借りる時に必要な情報を紹介します。

教育ローンの種類と金利の差

教育ローンは、カードローンやフリーローンとは違って、目的ローンとして金利が低く設定されていることが多くなります。しかし、ローンの種類によっては金利に差があり、一般的に言われている金利水準は金利水準は大体2~4パーセント程度です。カードローンの14~18パーセントと比較すれば低い水準ですが、高額融資で長期返済する場合には多少の金利の差も大きく影響するので慎重に選びましょう。

銀行の教育ローン

民間の教育ローンを利用する場合には、銀行や信用金庫の商品を選ぶことになります。消費者金融では教育ローンの取り扱いはありません。

銀行の教育ローンは固定金利と変動金利ががあり、金利水準は3~4パーセントとなり、個々の金融機関ごとに金利が違います。また、銀行内でも他のローンとの併用や給与振込口座利用などで金利優遇などのサービスがあり、金利が変わることもあります。融資可能額の範囲は300万円~1000万円と金融機関ごとに差が大きくなります。

銀行の教育ローンでは、一度に借りて少しずつ返済していくタイプとカードローンのように借入限度額内で繰り返し使える「極度型」「教育カードローン」というタイプもあります。

農協(JAバンク)や労働金庫(ろうきん)などでも

金融機関での借入としては、農協や労働金庫などを利用することもできます。銀行同様に一括貸付やカードローンタイプが選べ、正組合員だと金利の優遇が利用できる場合もあります。

国の教育ローン

国の教育ローンは、日本政策金融公庫の教育一般貸付です。借入するには世帯年収に条件があり、年収の低い家庭や子供3人以上の世帯では優遇もあります。

金利は固定で年1.81パーセントとなっており、最高350万円までの借入が出来ます。海外留学資金の場合には最高450万円まで利用可能な場合もあります。


教育ローンでお金を借りるには


教育ローンでお金を借りるには、一定の条件を満たす必要があります。条件をはじめ、審査や利用の仕方を紹介します。

教育ローンの条件

教育ローンの利用条件は、目的に合った使い道と借入する人の年齢、収入などです。教育ローンを借りるには、基本的に年齢20歳以上で安定した収入、勤務実績が必要となります。金融機関によっては前年度の年収や勤続年数の下限が決められている場合もあります。

また、信用金庫、ろうきんなどの場合には対象エリアも決まっており、利用できる営業店舗が限定されます。

教育ローンの目的

教育ローンの使用目的は入学金や授業料をはじめとして、教育にかかる関連費用の支払いに限られます。しかし、関連費用の範囲は広く、教材費や寮費、制服代や受験費用、下宿先への引越し費用なども含まれる場合があります。各金融機関によってその範囲は違うので、自分が使いたい目的によって慎重に選ぶことが必要です。対象となる教育機関にも違いがあります。

また、申し込み時点で3ヶ月以内であれば、すでに支払った費用にも利用できることもあります。

教育ローンの審査

教育ローンの審査では、使用目的を証明できる書類が必要となります。証明できない費用や金融機関で認めていない支払い先の場合には利用できません。申し込みから融資までは、民間の場合には1週間程度かかり、国の場合には1ヶ月程度かかります。入学前の混み合う時期にはさらに時間がかかることもあります。

教育ローンの返済方法

教育ローンの基本的な返済期間は10年~15年、元利均等返済や元金均等返済で毎月返済していきます。ボーナス併用も可能ですが、返済金額の範囲に上限が設けられている場合もあります。

教育資金が必要な人の在学中は元金返済の据え置きができることが多く、卒業までは利息のみの支払いが可能です。

カードローンタイプの教育ローンの使い方

カードローンタイプの教育ローンは、審査終了後にローンカードが発行され、そのカードを使ってATMで引き出しと返済を行うことが出来ます。こちらも元金据え置きで卒業してから一定の金額を返済していくことが可能です。カードローンのように自由度の高い教育ローンですが、在学期間を中心に借入可能期間が決められており、期間終了後は返済のみの利用となります。

教育ローンを活用して十分な教育環境を

教育資金は家計の負担となり、高額な資金を準備できない家庭もあります。そんな時は金利も返済方法も優遇されている教育ローンを利用して、教育環境を整える助けにしましょう。

金融機関ごとに対象の学校や使用の目的も違っているため、国の教育ローンや民間のローンなど、それぞれの特徴や金額などを理解して、使いやすいものを選ぶことが大切です。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融