> >> 審査が不安な人が申し込むべきクレジットカード

審査が不安な人が申し込むべきクレジットカード

クレジットカードは、審査に通らないと契約することができません。クレジットカードの審査はカード会社によって行われるもので、個人の仕事や収入、過去のカード履歴などを元に判断されますが、それぞれのカード、会社ごとにその基準に違いがあります。

自分の収入や過去のカードの利用の仕方などで審査に不安がある場合には、審査の基準が自分に合っていて審査通過しやすいカードを選ぶことが大切です。今回は、審査が不安な人でもチャンスがありそうなクレジットカードの選び方、おすすめのカードを紹介します。

クレジットカード審査で落ちやすい人

クレジットカードの審査では、信用情報機関で記録されているカード利用履歴(クレジットヒストリー)や収入、勤務先、勤続年数などを元に「安全にカードを使ってもらえるか」を判断します。

クレジットカードはショッピングであれば後払いで買い物ができ、キャッシングであれば現金を簡単な方法で借入することができるものです。そのため、カード会社ではそれぞれ独自に審査をして、使って欲しい人を選んでいます。カード会社が使って欲しくない、使った分のお金を返してもらえないかも、と判断されるような状況の人は審査で落ちてしまうでしょう。

クレヒスに問題がある人

クレジットヒストリーは、一定期間のカード利用者の利用履歴や返済履歴です。また、過去の支払いで延滞したり、債務整理をしたようなケースでは、その情報も残ります。そういった情報を元に信用できるかどうかを審査するため、クレヒスに問題がある人は審査落ちのリスクが高くなります。

過剰な利用をしている人、延滞したり遅延を複数回している人、債務整理をしたことのある人は厳しく見られます。また、複数のカードを持っている人も利用状況によっては厳しくなることがありそうです。

他社借入、クレカ枚数が多すぎる人

他社借入やクレジットカードの枚数が多すぎる人は、その人の信用(与信)の範囲を超えていれば審査通過が難しくなります。人には収入などの状況によってそれぞれに、カード利用や借入をしても安全だと認められる範囲があります。

現在借入やカードがある場合には、その分を差し引いて新しい利用限度額(枠)を作ることになるため、当然その金額は少なくなり、すでに枠を作る範囲がなければ審査落ちしてしまうでしょう。

安定収入がない人

毎月の収入が安定していない、定期的な収入がない人は、返済する根拠が少ないと見られて審査落ちのリスクが高くなります。金額の大小の判断はカード会社やカードの種類によって違いますが、安定していない場合には毎月の支払いも安定していないと考えられてしまいます。

自分のレベルに合わないカード申し込み

クレジットカードの種類やカード会社には、それぞれにターゲットとしている層があります。ハイクラスのカードであれば、収入も勤務先も勤務形態も高いレベルを求めます。そのため、自分の生活レベルに合わないカードに申込をしても、落ちるリスクが高くなります。反対に言えば、信用情報や自分のレベルに合わせることで審査通過の可能性も高くなるということです。

審査が不安な人がクレジットカードを選ぶポイント

信用情報に何らかの問題があったり収入が少ない、勤務形態が不安定といった状況の場合には、そういった人でも利用できるクレジットカードを選ぶことが大切です。クレジットカードの種類は豊富で、レベルもそれぞれに違うため、カードの選択で審査通過のチャンスを高めることもできるでしょう。

審査が厳しくないクレジットカードを選ぶ

審査に不安がある人は、審査が厳しくないクレジットカードを選ぶことが大切です。カード審査の難易度は、口コミやランキングサイトなどでも調べることができますが、基本的にはカードのタイプによって大きく分けることができます。比較的審査が厳しくないカードのタイプを知り、そこをピンポイントに選ぶことが大切です。

メジャーなカードやプロパーカードは避ける

三井住友VISAカードやマスターカードなど、国際的にメジャーなカードは審査基準が比較的高く、信用情報に不安がある人の審査落ちリスクも高くなります。

プロパーカードは国際ブランドのライセンスを持っている会社が発行するクレジットカードで、アメックスやダイナースクラブ、JCBがあります。プロパーカードはブランド力があり、持っているだけでステイタスと考えられますが、その分的審査が厳しくなっています。

ネット系、販売系がおすすめ

審査が不安な人がクレジットカードを申し込む場合には、ネット系、販売系の提携カードを利用するのがおすすめです。ネット系としては楽天カード、販売系ではセブンカードやセディナカード、イオンカードなどがあります。

これらのカードは提携しているコンビニやショッピングセンターで便利に使えるようになっており、会社側としてはカードを発行することで販促にもなっています。そのため、審査が比較的柔軟で、収入がやや不安定な自営業やフリーターなどでも審査通過しやすく、安心して申込できそうです。また、マルイ系のエポスカードは審査のスピードも速くなっています。

※ただし、楽天カードは発行してからの与信管理が厳しいというウワサもあります。カードを使っている途中にも審査のようなことが行われているそうです。どのカードでも当たり前のことですが、発行されたからといっていい加減な使い方はしないようにしましょう。

本当に困ったら消費者金融系へ

クレジットカードの履歴に延滞などの情報が載っている場合には、ネット系や販売系でも審査落ちする可能性はあります。履歴に傷がある人は基本的にはクレジットカードを作ることは難しくなりますが、本当にカードを必要としているのであれば、最終手段として消費者金融系のクレジットカードを利用してみましょう。

大手消費者金融として知られるアコムからはアコムACマスターカードが発行されています。ACマスターカードは、過去の履歴に問題がある人でも審査通過の実績があるといわれるカードです。

独自の柔軟な審査で、現在安定収入があればカード発行も夢ではありません。審査も速く、最短即日発行です。ただし、他のカードで見かけるポイントサービスや割引などのお得な特典はなく、シンプルにクレカ機能だけとなります。

また、アイフル系子会社になったライフカードも消費者金融系カードとなっています。こちらも審査スピードや柔軟性では評判の良い一枚です。

クレジットカードは使うことで信用度をアップ

審査難易度が高いクレジットカードは、サービス内容も充実しており、ステイタスにもなります。反対に難易度の低いカードはサービスなどであまり満足度が得られないかも知れません。

しかし、審査が不安だからといって、満足殿高いカードを持ちたい、という希望を捨てる必要はありません。低いカードから始めて自分のクレヒスを育てることで、いつかハイクラスなカードを持つチャンスが訪れるでしょう。

実績を積んでランクアップ

クレジットカードの信用情報機関に過去の悪い情報が残されると審査に響きますが、言い換えればこれからの使い方によっては良い情報を蓄積していくことも可能ということです。安定した利用と返済の実績を積んでいけば、少しずつ難易度の高いカード会社も納得の履歴になっていくでしょう。

全くカードを作っていなければスーパーホワイトとして要注意扱いされることもありますが、どんなカードでもコツコツと実績を積むことができます。

実績を積むと上級カードへのお誘いも

ゴールドカードなどの上級カードのあるクレジットカードであれば、使い続けているうちに上級カードへの切り替えのお誘いが来ることもあります。

クレジットカードは自分に合ったランクのものを選んで

クレジットカードの審査に不安を感じている人は、自分の現状に合わせたカード選びが必要です。カードの種類によっては審査難易度の低いものもあり、場合によっては履歴に問題を抱える人でも審査通過できる可能性があります。また、現在自分に合ったカードを使って履歴を積むことで、ワンランク上のカードにチャレンジするチャンスも出てきます。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融