> >> カードのショッピング枠って現金化できるの?

カードのショッピング枠って現金化できるの?

クレジットカードのショッピング枠は、ものを購入したりサービスの代金や公共料金の支払いに使うことができるものです。しかし、急に現金でないと対応できない出費やお金の入用があった場合には、カードで支払うだけでなく直接現金を手に入れたいと思うこともあるでしょう。

クレジットカードはあるけど、カードローンやキャッシング枠は利用できないといったケースでは、そのショッピング枠を使って現金を調達する方法があります。

これをショッピング枠の現金化といいますが、この方法にはさまざまなリスクがあり、利用できたとしてもあまりおすすめはできません。ここではショッピング枠の現金化の方法とリスクについて紹介します。

カードのショッピング枠の現金化とは何か

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、その枠をそのままお金に変えるのではなく、ショッピング枠を使って買い物することで現金を受け取るという方法です。

ショッピング枠は、契約者がお店などで買い物をする時の決済に使われるのみとなり、現金を引き出すことはできません。しかし、買ったものと引き換えにしたり、キャッシュバックのサービスが付いたものを購入することで現金を手にすることができるのです。

ショッピング枠は買い物専用の枠

クレジットカードは信用によってお金がなくてもショッピングが楽しめるカードです。買い物をする時には、商品と交換でお金を支払いますが、クレジットカードで支払いをすると自分がお金を支払うタイミングを1ヶ月~2ヶ月程度遅らせることができます。また、リボルビングや分割払いにすれば、小分けに商品代金を支払うことも可能です。

クレジットカードを使うことで、お金がない、足りない時にも自由に買い物が楽しめ、必要なものやサービスを利用することができます。しかし、あくまでも買い物を通して現金不足を補うだけであり、実際に現金が手に入るわけではありません。

キャッシング枠は金額が少ない

クレジットカードには、ショッピング枠の一部分に「キャッシング枠」がつけられることがあります。キャッシング枠はカードローンと同じようにATMなどで現金を借りることができる枠です。クレジットカードのキャッシング枠は消費者金融や銀行などのカードローンと同じ扱いであり、同じサービスですが、一般的にその利用限度額が少なめとなります。もちろん、全体の利用限度額を超えて使うことはできません。

キャッシュバック方式と買取り方式

現金化の方法には2種類あります。キャッシュバック方式は業者の専用ショップからキャッシュバック付きの商品を購入する方法で、買取り式は指定されて購入した商品を業者に持ち込んで買い取ってもらう方法です。

キャッシュバック方式では、業者が運営しているショップ内の商品をクレジット決済で購入して、キャッシュバックと称して業者がその人に現金を渡します。通常の商品や店でもあるキャッシュバックサービスのバック金額が大きくなったようなものです。

自分に必要な金額のキャッシュバックがついたものを選ぶだけなので、ネットでやり取りできます。業者からは購入した商品が届きますが、大抵はあまり価値のない商品で取引を行うことが多いようです。

買取り方式はリサイクルショップのようなもので、金券などを購入してから業者に持ち込んで買い取ってもらうことで現金を得られます。最近ではネット上でやり取りできるものも増えており、ネット上で番号登録でやり取りできるギフト券などが扱われています。

現金化は手数料がかかる

業者が指定した商品をショッピング枠を使って買うことで現金に変えてもらいますが、その商品の本来の価値と同じ金額を手にすることはできません。業者は手数料として本来の金額の数パーセント~数割を差し引き、残りの現金を渡します。つまり、手数料1割の業者を利用して10万円のものを現金化したら、手元に入るのは9万円のみということです。

そして当然、クレジットカードで買った分のお金は全額カード会社に支払います。そのため、カード会社の手数料を考えなくても、すでに利息が1割の借金をしたことと同じことになります。カードショッピングの場合1~2回払いまでは手数料がかかりませんが、その料金を分割やリボで支払えば手数料がかかります。

カードのショッピング枠の現金化は安全?

カードのショッピング枠の現金化はいくつかのリスクがあり、トラブルに巻き込まれたりクレジットカードの利用に悪影響を及ぼす可能性をはらんでいます。全ての現金化でトラブルになるとは言えませんが、リスクが潜んでいることは認識しておいた方が良いでしょう。

ショッピング枠の現金化の換金率

ショッピング枠現金化の業者は、現金を渡す前に手数料として一部を差し引き、利益としています。その手数料の割合は高く、2割前後は取られることが多いものです。また、あまりたちの良くない業者ではいろいろな理由をつけていくつもの手数料を取り、最終的に換金率がかなり低くなってしまうというケースもあります。

高いと言われる消費者金融のカードローンでも年利18パーセント前後ですが、現金化業者に頼むと最終的には年利100パーセントを超えることも多いものです。

ショッピング枠の現金化はグレーゾーン

ショッピング枠の現金化は法律的には取り締まることが難しいものですが、クレジットカードの規約にははっきりと違反していることになります。カードショッピングは転売目的で行ってはならず、現金化は明らかな規約違反です。発覚したらカードは契約解除となり、即刻残債の全額支払いを求められるでしょう。

業者とのトラブルも

クレジットカード現金化業者は、割ときちんと営業している店もありますが、中には悪質な業者もいます。カード決済はしたのに現金が振り込まれなかったり、あれこれと理由をつけて手数料を引かれ、最初の約束よりも少ない金額しか手に入らなかったりといったケースがあります。

どうしても現金が必要となったら

基本的には、クレジットカードのショッピング枠を現金化に使うのは避けた方が良いでしょう。現金化以外の手段が見つからない時には、カードの規約違反や悪質な業者を避けて慎重に利用するしかありません。

家にある高級品を現金化する

クレジットカードで買ったものをそのまま現金化するのは危険ですが、家にあるものを現金化するのは問題ありません。ブランド品やジュエリー、眠っている金券などをリサイクルショップや質屋などに持ち込めば、買取りや質入れで現金を手にすることができます。

古物商の許可番号をもっている業者を選ぶ

どうしても方法がなくて現金化を選ぶにせよ、家にあるものを買い取ってもらうにせよ、業者選びは重要です。現金化業者も突き詰めれば古物商であり、古物商を営む場合には許可が必要となります。取引を行う業者を探すなら、古物商の許可を取っており、許可番号を持っている業者を選びましょう。

絶対にカード情報やカードを手渡さない

どうしても現金化しか方法がない場合には、せめて自分のクレジットカード情報やカード本体を手渡さないようにしましょう。クレカ現金化を行うのに、業者はカードやカード情報を使いません。現金化に必要のない情報を求められたら、その業者を使うのは止めましょう。

ショッピング枠の現金化はできるだけ避けて

クレジットカードは本来、ショッピングに使用したり一部のキャッシング枠で現金の融資を受けられるものです。ショッピング枠は自分が使う買い物にしか使えません。クレジットカードのショッピング枠現金化は、カード会社の規約違反となりますし、悪い業者とトラブルになる可能性もあります。実際に現金が必要となった場合には別の方法もきちんと検討して、できれば利用せずに済ませた方が良さそうです。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融