> >> 産休中・育児休暇中でもローンの審査は通る?

産休中・育児休暇中でもローンの審査は通る?

産休中や育児休暇中にも、急にお金が必要となったり、大きな買い物をしたい場合があります。そういった場合、必要な費用をカードローン等で借りることはできるのでしょうか?

産休や育児休暇中の方に対する銀行や消費者金融などの扱いを紹介します。意外とお金が必要となることが多い出産と子育てですが、あらかじめお金を借りられるかどうかを確認しておくことでいざという時に備えておきましょう。

産休中や育児休暇中に住宅ローンの審査は通る?

産休中や育児休暇中に、「そろそろマイホームを」と考える人は意外と多いものです。これから生まれてくる子供のために、良い子育て環境を整えようと思って、マイホーム購入を決意します。マイホームの購入には大抵のファミリーが住宅ローンを使用することになりますが、ここでもともと共稼ぎであり、今現在妻が産休や育児休暇を取っていたり、夫が育児休暇を取っている場合には夫婦でローンを組むことはできるのでしょうか?

産休や育児休暇中は金融機関によって扱いが違う

産休や育児休暇中に夫婦でローンを組めるかどうかは、金融機関によって大きく異なります。主に以下のようなパターンが考えられ、いつ、どのように住宅ローンを組み、マイホームを取得するかによって夫婦でのローンが厳しくなることがあります。


・産休や育休中でも夫婦でローンを組める
・産休や育休中でも申込はできるけど、ローンの実行は復職してから
・産休や育休中には夫婦でローンを組めない

産休中や育休中に、夫婦でローンを組めるという金融機関では、復職を前提として夫婦の収入で審査をしてもらえます。ただし、産休や育休を取っている方の収入は満額ではなく、一定の割合で見られることもあります。

産休や育休中でも申込はできるけど、ローンの実行自体は復職してからになる場合は、一応復職の見込みは認めているものの復職せずに退職した場合のリスクも考えている金融機関です。

申込までしか出来ないため、マイホーム取得は復職後になります。また、産休や育休中にローンを組めない場合もあり、このケースでは夫婦ではなく単独で住宅ローンを組むか、復職後に申込をします。

ローンの条件や住宅取得時期次第で金融機関が絞られる

マイホームを購入するには、手続きも多く引越しなどの作業もあります。そのため、産休や育休で休んでいる間に済ませたいと思う人もいるでしょうが、実際には産休や育休を取っている方にはローンが組めないこともあるものです。

そのため、マイホームの取得時期の希望によっては、いつでも住宅ローンを組める金融機関にしか申し込めないこともあります。まずは、自分が利用したいと思っている銀行や信用金庫が住宅ローンにどんな条件を設けているかをチェックすることが必要です。

住宅ローンは高額な資金を借りて、長期間で返済します。そのため、金利などの貸付条件によって支払い総額に大きな差が出ることも珍しくありません。急いでマイホームを取得することで、条件が合わないローンを選ばないように注意することも大切です。

産休中や育児休暇中にカードローンの審査は通る?

産休中や育児休暇中は、細かな出費も多く、子育て準備にもお金がかかります。そんな時に一時的な現金の調達方法として役立つのがカードローンの融資です。カードローンは自由な使途で利用でき、ATMでの借り入れなど利便性も高くなりますが、産休中や育児休暇中に利用できないものもあります。

産休や育児休暇中は総量規制の有無によって扱いが違う

産休や育児休暇中は、一時的にであっても収入がなくなります。そのため、総量規制で収入のない人への融資が行えない消費者金融のカードローン申込はできません。総量規制は、貸金業者にのみ当てはまるもので、年収の3分の1を超える貸付が出来ないというルールです。

産休や育休中にカードローンを申し込む場合には、総量規制のない銀行や信用金庫が適しています。銀行は総量規制の対象ではないため、専業主婦(主夫)でも利用できることがあります。ただし、金融機関ごとに条件が設けられ、収入のない人を断っていることもあるので、注意が必要です。

産休や育児休暇中は手当金の判断によって扱いが違う

産休や育休を取得すると、一般的な企業ではその間の収入はなくなります。ただし、公務員の場合には手当金が出ます。また、一般企業でもそのような制度があるかも知れません。そういう手当金は、一応収入ではあるものの働いて得た給料ではないものです。そのため、手当ての扱いは各金融機関で判断が違っています。

手当てを収入と認められれば、自分の収入で審査できるかも知れませんし、そこまで認められなくても、審査の際に手当金があることを伝えるだけで金融機関に良い評価をしてもらえる可能性があります。

産休や育児休暇中にもお金は借りられるけど条件に注意

産休や育休中は、金融機関では無収入と考えられ、休みが明けた後に復職をするか退職をするか分からない状態と判断されがちです。そのため、その間にお金を借りようとすると認められないことがあります。お金が必要となることも多い産休や育休中ですが、思うように行かないケースがあることも考えておきましょう。特に大きなお金を必要とする場合には、借り入れOKなだけでなく金利などの条件面にも注意が必要です。

カードローン

借入の基礎知識

消費者金融